ここから本文です

3年ぶりに1シーズン制が復活! 「葛藤もあったが…」と苦渋の村井チェアマン

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 18:52配信

3年ぶりに1シーズン制に回帰。各クラブの強化を考え「サマーブレイク」の創設も。

 10月12日、第9回Jリーグ理事会が行なわれ、村井満Jリーグチェアマンが記者会見に臨んだ。今月4日のJ1・J2・J3合同実行委員会で、2017年シーズンから再び「1シーズン制(ホーム&アウェー方式の総当たりリーグ戦)」とすることで大筋合意していたが、理事会でも全会一致に至り、必要な手続きに入ると発表した。
 
 J1のレギュレーションは、「Jリーグへの関心度の低下」、「放映権料やスポンサー収入の頭打ち」、「入場者数の減少」といった状況を打破すべく、2015年から「2ステージ制+チャンピオンシップ」で争う現行システムを採用。長期スパンで「Jリーグをより魅力的にしていく」試みに着手してきた。
 
 しかし今回、ライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』との10年2100億円の大型契約を締結。さらに、ファン・サポーター、選手会やJクラブ関係者、スポンサーの意向調査を経て、1シーズン制への回帰が決まった。村井チェアマンは「ファン・サポーターの方を含めて賛否両論、本当にたくさんの意見をいただいた。2年で(レギュレーションを)変更することに、葛藤もすごくあった。しかし、今回が決断のタイミングだと思った」と話す。
 
 なお、1ステージ制に戻すにあたり、「サマーブレイク期間」(1週間程度を試算)を創設し、海外ビッグクラブとの国内親善試合やJクラブの海外遠征を推進することも決定。2017年シーズンの日程については、11月に議論する予定だという。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

最終更新:10/15(土) 15:19

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。