ここから本文です

ロイスが143日ぶりにチーム練習に合流も、復帰は来月以降か!?

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 17:51配信

ここでリスクは冒さず、しばらくは状態を見守ることになる。

 昨シーズンのDFBカップ決勝戦で恥骨の炎症を起こし、さらに内転筋の部分断裂などによって長期の戦線離脱を余議なくされていたドルトムントのロイスが、10月11日(現地時間)、チーム練習への合流を果たした。
 
 ドイツの地元紙『WAZ』のレポートによると、143日ぶりにチームに合流したロイスは、フィジカル面に問題は見られず、練習では軽快な動きを見せていたという。
 
 もっとも、これで今週金曜日のブンデスリーガ第7節・ヘルタ・ベルリン戦から即試合出場ということはなく、トゥヘル監督はしばらくのあいだ、慎重にロイスの状態を見守っていくことになる。
 
 試合復帰は、来月の代表ウィーク明け、19日の11節・バイエルン戦あたりになると思われる。
 
 トゥヘル監督は「ロイスが怪我なしにシーズンを通してプレーできるようにする」ために、ここでリスクを冒すことはないという。
 
 前述のDFBカップ決勝では120分を戦った後(試合はPK戦の末にバイエルンが勝利)、ロイスは、EURO2016出場のために代表合宿に参加するも、「真っ直ぐにしか走れない」ほどの状態に陥り、2014年ブラジル・ワールドカップに続いての欠場を余儀なくされた。
 
 自身の27歳の誕生日(5月31日)、失意のうちにドルトムントに戻った彼は、最初は8月半ばの復帰が予想されたが、他の怪我も見つかったことで9月復帰に目標は修正され、さらにそれも延びていた。
 
 オフにムヒタリアン、ギュンドアンが移籍した上に、ロイスの長期離脱ということで、当初は危機が囁かれていたドルトムントだが、その後、デンべレ、ゲレイロ、エムレ・モルといった若き逸材を獲得し、さらにゲッツェ、シュールレも加わったことで、昨シーズンに劣らぬ攻撃力を誇っている。
 
 とはいえ、ファンの多くがロイスの帰還を待ち望んでいるのは、この11日の練習でロイスが姿を見せた際、観客席から大きな歓声が上がったことからも明らかである。

最終更新:10/12(水) 18:20

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。