ここから本文です

磐田が東福岡10番の藤川虎太朗の来季新加入を発表! 2年時の総体では得点王に

SOCCER DIGEST Web 10/12(水) 20:54配信

左右両足で強烈なシュートを放つ得点感覚に優れたMF。

 J1のジュビロ磐田は10月12日、東福岡高3年のMF藤川虎太朗の来季新加入が内定したと発表した。

【2016高校・ユースPHOTO】来季Jリーグ入り内定プレーヤー&有望株15選

 藤川は今年、東福岡の10番を背負うチームの大黒柱。昨年は2年生ながらインターハイで得点王を獲得して2連覇に貢献すると、続く選手権では序盤戦こそ調子を落としスタメンから外れたものの、準決勝からは持ち前の得点力を爆発させ、二冠獲得の原動力のひとりとなった。

 171センチ・69キロと大柄ではないものの、左右両足から放たれるシュートは強烈そのもの。得点感覚に優れたミッドフィルダーとして早期の活躍が期待される東京五輪世代の選手だ。

 藤川は、クラブを通じて次のようなコメントを発表している。
「このたび、ジュビロ磐田に加入することになりました。小さいころからの夢が叶って、とてもうれしいです。少しでも早くJリーグデビューし、チームに貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」
 

最終更新:10/13(木) 0:37

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。