ここから本文です

映画『永い言い訳』:本木雅弘が演じる「妻が死んでも泣けない男」

ローリングストーン日本版 10/12(水) 12:30配信

本木雅弘が7年ぶりに演じたのは「妻が死んでも泣けない男」。

20年間連れ添った妻が死んだのに泣けないこともある。作家の衣笠幸夫と妻の間には子供がなく、夫婦の関係は冷えきっていた。そんな時、幸夫の不倫中に妻が事故死。涙が一滴も出ないなか、同じ事故で妻を亡くした運転手、大宮陽一と出会った幸夫は、しだいに陽一の家族と交流を深めていく。
 
屈折していて子供っぽい幸夫と、感情をストレートに表現する陽一という正反対の男たちの奇妙な友情。そして、陽一の子供たちとの疑似親子的な関係を通じて、幸夫は愛すること、愛されることの意味に気づいていく。幸夫を演じた本木雅弘の憎みきれないダメ男ぶりが光るなか、西川美和監督は飄々としながら繊細な語り口で、人間の弱さをほろ苦く描き出す。喪失感の果てに浮かび上がる、ほのかな希望の温もりが愛おしい

【動画あり】映画『永い言い訳』:本木雅弘が演じる「妻が死んでも泣けない男」

『永い言い訳』
監督/西川美和
出演/本木雅弘、竹原ピストル
10月14日(金)より、全国ロードショー
http://nagai-iiwake.com/

Yasuo Murao

最終更新:10/12(水) 12:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他