ここから本文です

パソコンと携帯電話の市場はともに低迷

JBpress 10/12(水) 6:00配信

 米国の市場調査会社、ガートナーがこのほど公表した最新リポートによると、パソコン、タブレット端末、携帯電話を合わせた今年(2016年)の世界出荷台数は23億2900万台となり、昨年実績から3%減少するという。

■ PCは8%減、タブレットは9.7%減

 これら機器の合計出荷台数は昨年、前年比で0.75%減少しており、これで2年連続前年割れになると同社は予測している。

 そして、これら機器の落ち込み幅は今後5年で若干縮小するものの、横ばいに近づくだけで、しばらくはプラス成長に転じることはないとガートナーは予測している。

 同社が予測する今年の機器別出荷台数は、パソコンが2億6500万台で、昨年実績から8%減少する見通し。

 同社はパソコン市場を、デスクトップパソコンやノートパソコンといった「従来型パソコン」と、薄型高性能の「ウルトラモバイル(プレミアム)」に分けて分析している。

 前者の2016年推計出荷台数は2億1600万台と圧倒的に多いが、その前年比成長率はマイナス11.5%。後者の出荷台数は4900万台と少ないが、成長率はプラス11.4%になるとガートナーは見ている。

 なおガートナーは、米アップルの「iPad」、韓国サムスン電子の「Galaxy Tab S2」、米アマゾン・ドットコムの「Fire HD」をはじめとするタブレット端末を「ウルトラモバイル(ベーシック)」というカテゴリーに分類している。

 こちらの2016年出荷台数は1億7700万台にとどまり、昨年の実績から9.7%減少するとの予測だ。

■ スマホは成長鈍化

 携帯電話の出荷台数は18億8700万台となるが、これは昨年実績から1.6%減少する見通しという。ガートナーによると、スマートフォンの出荷台数は今年15億台に達し、昨年に続き増加する見込み。

 だがその伸び率は昨年の水準から低下し、4.5%増にとどまると同社は見ている。これはスマートフォン市場が世界的に飽和状態に近づきつつあるからだと、同社は説明している。

■ 高価格スマホは2017年に回復

 スマートフォン市場は引き続き、中国メーカーによる比較的高性能、低価格製品が好調に売れ、Android端末の分野を牽引するという。

 一方でアップルの「iPhone」は、最新モデル「iPhone 7」シリーズが市場投入されたものの、今年の伸び率は昨年の水準には及ばないとガートナーは指摘している。これは昨年、「iPhone 6」シリーズと「同6s」シリーズの販売が好調だったことの反動だという。

 ただし、来年はiPhoneの本体デザインが刷新すると見られている。またスマートフォンの買い替え需要も高まる見通しだという。

 このことから、今年前年比1.1%減が見込まれる高価格スマートフォンの成長率は、来年、同3.5%増に回復すると同社は予測している。

小久保 重信

最終更新:10/12(水) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。