ここから本文です

NHKという「巨大利権」~公共放送という隠れ蓑は絶対手放さない! 「ワンセグ課金」にこだわる理由

現代ビジネス 10/12(水) 19:01配信

 「当然の判決だ!」

 ワンセグ付きの携帯電話の所有者はNHKと受信契約を結ぶ必要がないとの地裁判決を聞いた時、そう思った人は少なくないだろう。

 この判決をきっかけに、NHKの周辺がにわかに騒がしくなっている。

 同局は、あくまでワンセグからの受信料徴収にこだわる強行姿勢を崩していないが、一方で、受信料については値下げの可能性があることもチラつかせている。

 NHKの予算は巨額であり、受信料収入は絶対に手放したくない財源だ。受信料の扱いをめぐってNHKが行ったり来たりしているように見えるのは、受信料収入という「油田」を何としてでも守りたいからである。

司法が間違っている?

 ワンセグ付きの携帯電話所有者がNHKと受信料契約を結ぶ義務があるかどうかを争った裁判で、さいたま地裁は8月26日、契約義務はないとの判断を示した。

 埼玉県朝霞市の大橋昌信市議が、ワンセグ機能付き携帯電話を所有しているという理由でNHKから受信料を要求されたことは不当だとして、受信契約義務がないことの確認を求めていた。大橋市議の主張は大方、認められた形だ。

 今回の裁判で争点となったのは、放送法第64条の解釈だ。第64条には「受信設備を設置した者は受信契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備についてはその限りではない(一部省略)」という記載があり、そのまま解釈すれば、視聴目的で受信装置を設置した人には受信料を支払う義務が生じるということになる。

 ここで重要なのは、テレビを観ることを目的としているのかという部分と、設備を「設置」しているのかという部分である。

 大橋市議は、単身赴任生活で自宅にテレビがなく、ワンセグ付きの携帯電話を所有しているものの、視聴はしていないと主張していた。ワンセグは持っているだけで「設置」しておらず、しかも、放送の受信が目的ではないので契約義務はないという解釈だ。

 これに対しNHK側は「設置」という意味には「携帯」も含まれると主張したものの、判決では「設置」の中には「携帯」は含まれないとの判断を示し、受信料を支払う義務はないと結論付けている。

 判決の根拠となったのは放送法の第2条であったという。第2条には「設置又は携帯」という文言があり、設置と携帯が分けて記述されている。

 同じ法律の条文で片方は携帯が設置に含まれ、もう一方は設置と携帯が別々に記載されているということでは、論理的整合性が取れない。これに対してNHKは「この判決は放送法の解釈を誤ったもの」であり「ただちに控訴する」としている。

1/4ページ

最終更新:10/12(水) 19:27

現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

なぜ今? 首相主導の働き方改革