ここから本文です

自動で車庫に駐車、カローラもそんな時代に!【Corolla Stories 36/50】

clicccar 10/12(水) 11:03配信

最近、自動運転が話題になっています。

完全自動運転などの実用化としてはもうすこし先なのですが、その兆しはすこしずつ現れていたのです。パーキングアシストなどはその一例でしょう。この技術は現在進化中で、これからますます期待されるシステムです。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

この「インテリジェントパーキングアシスト」を世界初採用したのは、2003年発表の2代目プリウスでした。

停めたい駐車スペースで一旦止まり、その後、一旦前進してからギヤをリバースに入れ、バックモニターに映った駐車スペースを目標点に定めれば、後はブレーキ操作だけ。ハンドルを勝手に切ってくれるというものでした。



20世紀では考えられない夢のようの装置ですが、採用はさらに拡大していきました。2006年発表の10代目カローラセダン(アクシオ)もその一例です。





全車にバックガイドモニターが標準装備となったことも大きなトピックだったのですが、最上級グレードのラグゼールにはさらにこの「インテリジェントパーキングアシスト」が標準装備されていたのです。

もちろん「自動運転」というような類のものではないのですが、当時では(いまでも)カローラクラスに標準装備するような「お手軽」な装備ではなかったのです。それだけに、驚いてしまったものの一つでした。

初代登場の1966年当時、カローラが勝手に車庫入れしてくれるなんて、考えられてもいなかったでしょう。

(文:カローラせんせい/小林敦志)

最終更新:10/12(水) 11:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。