ここから本文です

幸せを感じる“脳内麻薬”エンドルフィンを簡単に分泌する方法

週刊SPA! 10/12(水) 9:10配信

 大企業の経営悪化に未成年の自殺など、暗いニュースが目立つ現代。実態以上に幸せを感じづらい中、些細なことで幸福感を覚えてる人も存在する。こうした些細な幸福感の積み重ねが、日常のストレス緩和に役立っているらしい。そこで今回、インスタントな幸福感のメカニズムを明かし、いつでも超手軽に幸福になれる方法を探ってみた!

◆病みつき注意!? 脳内麻薬ともいわれる多幸感で幸せに

 強烈な鎮静効果と多幸感をもたらしてくれるエンドルフィンは「脳内麻薬様物質」とも呼ばれている。しかし、そんなにハードなことをせずとも分泌される。

 例えば、「宝くじで1億円当たったのを想像する」のように、楽しいことを考えるだけで分泌されるというから、だいぶお手軽だ。

 そしてこのエンドルフィン、脳科学者で諏訪東京理科大教授の篠原菊紀氏が指摘したようにおいしいものを食べるだけで分泌されるのだが、これは甘いものや脂っこいものを食べても分泌されることがわかっている。

 また、「体に悪いとわかっていながらジャンクフードを食べる」ときの幸福感は、エンドルフィンの働きによるものだ。

◆「苦痛」こそが幸福を最大化するスパイス!?

 このモルヒネ以上の鎮痛作用があると言われるエンドルフィンの多幸感をもっとも生かす方法。それは「苦痛」を得ることだ。

「いわゆるランナーズ・ハイのような極端な苦痛を感じたときに、より多く分泌されます。長時間走り続けて、体が痛みや疲労を感じると、それを和らげるために分泌されるのですが、同時に快感や恍惚感を得ることになるんです。これは、パチンコでも同様で、ハマりが深ければ深いほど大当たりしたときの快感が大きくなります」(篠原氏)

 つまり、「毎日ジョギングなどを行う」ことや、「パチンコやパチスロを大当たりするまで打つ」ことは、エンドルフィンでインスタント幸福を得るためには最適な方法なのだ。

 ただ、パチンコとなると投資額が気になるし、ランナーズ・ハイを得るために走るのも面倒だ。

 そんな人におすすめしたいのが、至極簡単なのだが「掃除」である。

 単なる掃除ではない。「ホコリ除去スプレーでテレビの裏に溜まったホコリを吹き飛ばすと気持ちいいよ、ゾクゾクするよ」(44歳・機械)というように、敢えてPCの裏側や洗濯機のフィルターに溜めに溜めてから一気に除去するのだ。ホコリが溜まっていることのストレス(=苦痛)が一気に解消されることに加え、得も言えぬ多幸感が脳を支配すると同時に、部屋もキレイになるのだからありがたい。

◆エンドルフィン系快楽の最適解は激辛ラーメン!?

 エンドルフィンは他にもこんなことで分泌される。

「熱い風呂に入ったり、日焼けをしたりすることでも分泌されます」(篠原氏)

 さて、以上のことから考えると、最大限に効果的な「エンドルフィンを分泌する方法」とはどのような方法だろうか?

 おいしくて、脂もので、苦痛を伴うもの……。

 そう、もうおわかりだろう。

「カプサイシンによって分泌が増すので、中本のラーメンを食べることはエンドルフィンが分泌される好例です」(篠原氏)

 ただし、エンドルフィンの多幸感は癖になるので、パチンコや脂っこいものを食べることなどは、インスタントで終わらない幸福のためにも、程々にしておこう。

【篠原菊紀氏】

脳科学者。諏訪東京理科大学共通教育センター教授。東京大学、同大学院卒。脳科学、応用健康科学専門。著書に『「すぐにやる脳」に変わる37の習慣』(KADOKAWA)など

― 超お手軽に[幸福になる]方法 ―

日刊SPA!

最終更新:10/12(水) 9:10

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月13日号
12月06日発売

¥390

・[転売で儲ける](秘)メソッド
・[ゲス不倫ブーム]知られざる波紋
・[痛すぎる発言]ランキング
・冬のボーナス[有名企業50社]対決

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。