ここから本文です

吉澤ひとみ、愛息子を「サムライブルーとかいいですね」 藤岡弘、ゲス川谷に「男たるものは責任と使命がある」

エンタメOVO 10/13(木) 16:00配信

 フリマアプリ「モノキュン!」サービス開始記念PRイベントが13日、東京都内で行われ、タレントの吉澤ひとみと俳優の藤岡弘、が登場した。「モノキュン!」は、アニメ・キャラクターグッズやフィギュア、コスプレなどの商品を出品・購入できるスマートフォン用のアプリサービス。

 7月に男児を出産したばかりの吉澤は、「出産おめでというございます」と振られると「ありがとうございます」と笑顔を見せた。生後2カ月の愛息子については、「とってもかわいいですね。毎日泣き声と笑顔に癒やされてます。毎日大変ですけど、大変かわいいです」と母親の顔をのぞかせた。

 「お子さんはどっちに似てる?」と聞かれると、「ママに似てきたって言われますけど、生え際はパパです。性格はマイペースなので私よりです」と報告した。

 フットサルやサッカーをやっているスポーツ好きの吉澤だが、息子の将来については「できれば何かスポーツをやってもらいたいですね。リオオリンピックで水泳を見ていて『あー、息子がここに(いたら)~』と勝手な期待をしてました。サムライブルーとかいいですね」と願望を語った。 元モーニング娘。のOGからも助けられていると言い、「先輩ママにはアドバイスをいただいたり、ベビー服のお下がりをいただいて助かってます。ミキティ(藤本美貴)からもたくさんいただきましたし、かおりん(飯田圭織)からも息子さんのお下がりをもらいました。姉さん(中澤裕子

)からも抱っこひもをいただきました」とママ同士の交流を明かした。

 「同期で独身の石川梨華さんが心配ですが」と振られると、「そうなんですよ。私も『梨華ちゃん(結婚)いつなの?』って言うようにしてます。でもうまくいってるそうなので、頑張ってもらいたいなと思います」と話した。

 また、ゲスの極み乙女。の川谷絵音の一連の報道について、「女性を傷つけている男性はどう思う?」と振られた藤岡は、「社会に与える影響力もあるから、男として責任を持って自分を管理することが必要だと思いますよ。男たるものは責任と使命があるからね」と苦言を呈した。

最終更新:10/13(木) 16:00

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。