ここから本文です

点滴殺人の病院でいじめか、看護師が次々と辞めていく…

NEWS ポストセブン 10/13(木) 7:00配信

 横浜市神奈川区の大口病院で、2人の男性入院患者が点滴への異物混入によって中毒死した連続殺人事件。10月11日には横浜市が大口病院に臨時立ち入り検査を行い、院長から聞き取り調査を行った。

「事件発覚後、4階から『出たい』という入院患者やその家族からの問い合わせが殺到しています。ただ、4階はもともと回復が難しい患者ばかりだったので、受け入れてくれる病院は他にありません。つい先日、ある患者さんを3階のベッドに移すことができました。それを聞いた院長が『あぁ、3階になってよかったですね』って言ったんです。院長がよくそんな他人事みたいなことが言えますよね。関係者全員、唖然としましたよ」(病院関係者)

 本誌・女性セブン2016年10月20日号でもレポートしたように、点滴殺人が起きた大口病院の4階では、看護師の筆箱に10本以上の注射針が刺さっていた注射針“針山”事件、白衣切り裂き事件、ペットボトルへの異物混入事件など、ナースステーションでいじめ騒動が頻発していた。

 そして、女性セブンが取材を進める中で浮き彫りになったのは、次々に看護師が辞めていく病院内の惨憺たる実態だった。いじめのターゲットにされた30代の看護師のAさんは9月末に退社している。Aさんの母親に聞いた。

「娘はいじめについて病院に相談しましたが、“自作自演だろう”と言って取り合ってもらえなかった。もうダメだと思って警察に行き、2年以上勤めた病院を辞めました。娘は“年配の看護師がやりにくい”と漏らしていました。その看護師がいなくなれば病院も変わると言っていましたが、結局はそのまま。いじめもなくならなかった」

 その年配の看護師と折り合いの悪い若手看護師は少なくなかった。

「大ベテランです。でも、昔ながらのやり方というか、若い看護師をかなり厳しく叱る。好き嫌いも激しくて、気に入った子だけはかわいがるから、一部の看護師から“えこひいきがひどい”と不満が出ていました。この数年で10人弱の看護師が退職した理由の1つはXさんだったと思います」(前出・病院関係者)

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。