ここから本文です

カリスマ書店員のマイ流行語大賞は「いちいちうるせえ」

NEWS ポストセブン 10/13(木) 7:00配信

 本記事の校了寸前、またまた増刷決定のめでたいニュースが飛び込んできた。累計20万部──『九十歳。何がめでたい』(小学館)は、御年92才、もはや満身創痍の佐藤愛子さんが、ヘトヘトになりながらも怒りをふりしぼって綴った痛快エッセイ集。読者からは「気持ちがスッキリした」「私が言いたいことを愛子センセイが言ってくれた」「親の気持ちがわかった」などなど、共感の声が続々と寄せられている。

 10月1日に放映された『王様のブランチ』(TBS系)でも、2週続けてベストセラーランキング2位にランクイン(三省堂書店池袋本店・文芸書ランキング)。その池袋本店で文芸書などを担当する新井見枝香さん(36才)はこう語る。

「『佐藤愛子さんの本』というかたはもちろんですが、『九十歳の本を探しているんですが』と仰って来られるかたがとても多いです。覚えやすいタイトルもいいんでしょうね。佐藤さんと同世代のかたや少し下のかたも多いですが、若いかたも購入されていきます。ベストセラーになる本は、どれも世代を超えて読まれていくものですが、この本もまさにそうで、私は145万部を突破している伊集院静さんの『大人の流儀』シリーズが最初に発売された時の勢いと重なりました」

 新井さんは「彼女がプッシュした作品はヒットする」といわれるカリスマ書店員として知られ、「新井ナイト」など、数々のイベントを主催している。その新井さんは先日、店頭でこんな光景を目にした。

「50~60代の人が何人かでいらっしゃって、『ほら、これよ、これ! これが面白かったの』とこの本を手にとって友達に薦めていらっしゃって。自分が持っている本を貸したっていいわけですが、やはり手許に置いておきたいと思われるんでしょうね。人に薦めたくなる本だと思います」

 新井さん自身、発売からしばらくした頃、ツイッター(三省堂書店池袋本店)で、こんなことを呟いた。
《エッセイ集『九十歳。何がめでたい』すっごくおもしろいよー! 字も大きめ!》
《佐藤愛子さんの「いちいちうるせえな」が最高でした! マイ流行語大賞!》

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 12:05

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。