ここから本文です

日本語入力アプリ「イケメン変換」に熱視線!

R25 10/13(木) 7:02配信

バイドゥが、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」の変換機能にフォーカスしたキャンペーン「#Simejiさんの超変換芸」を10月7日からスタート。オモシロ変換がハッシュタグ付きで次々と投稿され、Twitterで盛り上がっている。

これは、「Simeji」の文字変換機能である「クラウド超変換」を活用したキャンペーン。「クラウド超変換」とは、クラウドサーバーを介することでより豊富な変換候補を表示する機能のことだ。人名や話題の映画・アニメなどの作品名を一発で変換してくれるほか、顔文字・ネットスラングの豊富な表示、さらに時事ニュースや天気・占いまでも表示される。

とりわけ、“言い換え変換”機能では「ふろりだ」→「風呂から離脱」、“リアクション変換”機能では「さむい」→「俺が暖めてやるよ。」、「ちちのひ」→「パパ大好きー」など、ユニークな変換結果が出ることが特徴的。登録されている変換候補は200万語にのぼる。

今回のキャンペーンは、この「クラウド超変換」の中で見つけた面白い変換について、ハッシュタグ「#Simejiさんの超変換芸」と付けてTwitterに投稿してもらうというもの。Simejiの公式アカウントをフォローして投稿すると、抽選で100名に“超変換”なSimejiグッズ「(たぶん)世界初!温めるとハゲる毛髪変換スマホカバー」がプレゼントされる。

Twitterを覗いてみると、

「しにたい っていれたら

明日、いいことがあるかもしれない って出た」

「受験・・・『挫けるな、未来が君を待っている』」

「【おはようっていれたら今日も素敵な一日になりますように って出た】頑張れる」

「つらい っていれたら大丈夫?あまり自分を追い詰めないでね って出た」

など、気持ちに寄り添ってくれるような変換や、

「眠い っていれたら

いや….別に俺はいいけど?けどさ、俺以外に寝顔みせんの禁止ね って出た」

「すきっていれたら俺に言わせろよって出た」

「きらいって打ったら

僕は好きだよって

ありがとう」

などといったイケメン風のキザなセリフをはく変換、そして、

「おかねってうったら

お金は大事だけど、すべてじゃないよ!って出てきた」

と何やら哲学的な変換など、次々と投稿されている。

なお、応募期間は11月6日23時59分まで。同キャンペーンのイメージキャラクターは、薄毛のイケメンキャラ「誰だと思ってんだオマエ、斎藤さんだぞ?」のセリフでお馴染み、2015年M-1グランプリ王者のトレンディエンジェル・斎藤司とたかしが務めている。人間味あふれる(?)Simejiの変換に惚れてしまう人もいる…かも?

(花賀 太)

【関連リンク】

■Simejiさんの髪が消える!毛髪変換スマホカバー当たる

http://simeji.me/oshiete/henkan/

■「#Simejiさんの超変換芸」での検索結果 ?Twitter検索

https://twitter.com/search?q=%23Simeji%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E8%B6%85%E5%A4%89%E6%8F%9B%E8%8A%B8&src=typd


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/13(木) 19:50

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。