ここから本文です

波瑠「お出かけはアウトドアが多い」 生茶イベントでプライベート語る

エンタメOVO 10/13(木) 22:31配信

 キリンビバレッジによる体験型イベント「NAMACHA URBAN PICNIC」のオープニングイベントが13日、東京都内で開催され、女優の波瑠が登壇した。

 イベントはお茶の可能性を広げ、魅力を伝えることを目的にTENOHA代官山にて13日から23日までの期間限定で実施。期間中はキリン生茶をベースにレモン、巨峰、すもも、チョコバナナ、こんぶでアレンジしたフレーバーティーを無料で楽しむことができる。

 会場となっている代官山について「友達や母親と買い物をしたり、お茶をしたりしています」と比較的よく訪れることを明かした波瑠。イベント前には5種類のフレーバーティーを試飲し、「それぞれ生茶の違った顔を見せてもらった。こんなに楽しめるとは思いませんでした」とコメント。その中でもレモンのフレーバーが気に入ったようで、実際に舞台上で生茶とレモンをブレンドし、自身の手でフレーバーティーを作り上げると、「すごいおしゃれなものを作っている。おしゃれなお店で働いている感じですね」と笑顔を見せた。

 また、イベント名にちなんで、”ピクニック”について聞かれると、「そんなにたくさんはしたことないですけど、大好きです。実家で犬を飼っているので、お出かけはアウトドアが多いですね」と意外な一面を覗かせた。

 今後お出かけしたい場所に関しては、「紅葉を見に行きたいと思っています。いつも行こうと思っているとうまく時間を作れず、結局冬になってしまうんですが…」と語り、「季節ごとのアウトドアを楽しみたい。紅葉もそうなんですが、冬なら冬のレジャーみたいに、日常的に増やしていければ」と意欲を見せた。

最終更新:10/13(木) 22:31

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。