ここから本文です

ショッピングセンター「ビビット南船橋」がリニューアルで一新!

東京ウォーカー 10/13(木) 11:26配信

ショッピングセンター「ビビット南船橋」が、10月13日(木)にリニューアルグランドオープンする。

【写真を見る】リニューアルで大型スクリーンも設置された

同ショッピングセンターは、今年4月から10月にかけて、総賃貸面積の3分の1を一新する大規模リニューアルを実施した。

7月にリーズナブルな価格で家具・インテリア小物を展開する「ニトリ」、9月には、クオリティにこだわった幅広い家具・インテリア商品を付加価値の高いサービスとともに提供する「IDC 大塚家具」がオープン。「ニトリ」と「IDC 大塚家具」が1つのショッピングセンターに出店することは、日本初となっていた。

10月13日(木)には、「ファッションセンターしまむら」がオープン。千葉県最大級の約1400平方メートルの売場面積となっている。

また、働く母親を支援する託児機能併設のワーキングスペース「ママスクエア」も千葉県初出店。ワーキングスペースからガラス越しに見える位置に託児機能(=キッズスペース)を併設しているため、子どもと一緒に出勤することもできる。

今後は「はなまるうどん」や「蒙古タンメン 中本」といった飲食店も出店予定。リニューアルした大型ショッピングセンターを訪れてみれば、様々なニーズに対応してくれるはず。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/13(木) 11:26

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。