ここから本文です

過去最大規模!国際航空宇宙展が東京ビッグサイトで開催

東京ウォーカー 10/13(木) 16:46配信

10月12日から15日(土)までの期間、東京ビッグサイト 西展示棟全館にて、過去最大規模の国際航空宇宙展「2016年国際航空宇宙展(JA2016)」が開催(一般参加デーは15日)。50年の節目を迎える今回、同展には国内外合わせて792社・団体が参加する。

【写真を見る】救難消防車も登場!

航空、宇宙に関するイベントが盛りだくさんの「2016年国際航空宇宙展」。屋外展示場では、ロッキード・マーティン社の最新ステルス戦闘機「F-35」モックアップや救難ヘリコプター、救難消防車などが展示される予定だ。ちなみに、「F-35」モックアップは、コックピットへの“搭乗体験”も予定している。

また、航空自衛隊のアクロバット飛行「ブルーインパルス」のミニバイク版「ブルーインパルスJr」も屋上展示場に登場。「ブルーインパルス」の所属する松島基地所属の有志隊員によるチームが、「ブルーインパルス」をイメージした、青と白に装飾したミニバイクで「ブルーインパルス」顔負けの曲技飛行ならぬ、展示走行を披露する。

さらに、未来のパイロットである航空学生が、銃を持って音楽に合わせ行進し、さまざまな動きを披露する「ファンシードリル」や、航空自衛隊航空中央音楽隊によるコンサート(先着1000名、当日受付、10:30~会場にて整理券配布)も開催予定。

その他、館内各所を巡るガイドツアーや、2010年4月にスペースシャトル・ディスカバリー号で宇宙飛行した山崎直子が、国際宇宙ステーションでの任務や、宇宙の魅力などを語る講演会(先着1000名、当日受付、13:30~会場にて整理券配布)も実施される同展。広報担当者は「東京会場では16年ぶりの開催です。是非、親子連れや若い人、子どもや女性にも来てほしいです。世界からも注目される、最先端技術が山盛りの航空宇宙展に足を運んで、航空、宇宙を身近に感じてください」とアピールしている。【ウォーカープラス編集部/Raira】

最終更新:10/13(木) 16:46

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。