ここから本文です

「九州料理」×「野菜」×「エンターテイメント」新スタイルの九州居酒屋!

東京ウォーカー 10/13(木) 16:56配信

博多の大繁盛店「魚男(フィッシュマン)」プロデュース店が関東に初上陸。10月21日(金)に、九州居酒屋「九州巻男」(ぐるまん)が横浜駅西口にオープンする。

【写真を見る】「パリにある九州料理居酒屋」をイメージ

同店は、「九州料理」×「野菜」×「エンターテイメント」の新しいスタイルの九州居酒屋。数々の飲食店プロデュースを手掛ける森智範氏の、関東初のプロデュース店舗となる。

森氏は、居酒屋料理に国内外のミシュラン星付きレストランの調理技術や調理器具を導入し、盛付けや器使い、店舗装飾、エンターテナーの活用などでエンターテイメント性溢れる演出を施し、博多随一の大繁盛店となった「博多炉端 魚男(フィッシュマン)」のオーナー。大阪・北新地の「浪花炉端 頂鯛」や名古屋・柳橋市場の「博多炉端 魚'S男」なども、プロデュースする。

「九州巻男」は、「パリにある九州料理居酒屋」をイメージ。上品でハイセンスな空間と、博多の屋台発祥の野菜巻串、福岡で話題を集めている野菜をたっぷりのつくね、器や盛付けで新しさを表現している。

8 時間煮込んで仕上げた魚介系の出汁を加えたコラーゲンたっぷり濃厚スープに、特製のつくねとたっぷりの野菜を入れて食べる「濃厚!魚介系鶏白湯捏(つくね)鍋」をはじめ、ヘルシーな料理がラインナップ。高栄養素野菜として話題のケールを使った野菜巻き串「有機ケールレタス巻」、自然の健康食品と言われる赤カブを使った「無農薬ビーツ巻」、季節の野菜をたっぷり練り込んで蒸すことで素材の味わいを楽しむ「おまかせ捏5種盛り」などが揃う。

九州の名物料理や店内で繰り広げられる野毛大道芸のパフォーマンスなど、九州料理に野菜とエンターテイメント性をかけ合わせ、美味しくヘルシーに楽しめる。訪れれば、新スタイルの居酒屋ならではの発見に出会えるかも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/13(木) 16:56

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016