ここから本文です

避難バッグに入れておきたい!ご飯が炊けるポリ袋

東京ウォーカー 10/13(木) 22:00配信

いざというときに備えて、非常食をストックしている家庭も多いよう。震災時、心身を少しでも健康に保つために“食事”は大切です。ご飯が炊ければ安心、と思っている人にNPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさんが便利なアイテムを教えてくれました。

【写真を見る】乾パンや缶詰類以外の非常食も備えておきたいもの



【ご飯が炊けるポリ袋】

各自治体で備蓄が進んでいるのが、「ハイゼックス」炊飯袋。目印の線まで米と水を入れ、輪ゴムで口を縛って袋ごとゆでるとご飯が炊けるもの。水の量を調整すれば、少量のおかゆなど、好みのかたさのご飯も一つの鍋で作れ、食器がなくても袋のまま食べられます。100枚程度から一般向けに販売もされています。



避難バッグに準備しておくのはもちろん、実際に一度作ってみると、万一のときも安心です。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/13(木) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。