ここから本文です

避難バッグに入れておきたい!ご飯が炊けるポリ袋

東京ウォーカー 2016/10/13(木) 22:00配信

いざというときに備えて、非常食をストックしている家庭も多いよう。震災時、心身を少しでも健康に保つために“食事”は大切です。ご飯が炊ければ安心、と思っている人にNPO法人ママプラグ認定アクティブ防災ファシリテーター・宮丸みゆきさんが便利なアイテムを教えてくれました。

【写真を見る】乾パンや缶詰類以外の非常食も備えておきたいもの



【ご飯が炊けるポリ袋】

各自治体で備蓄が進んでいるのが、「ハイゼックス」炊飯袋。目印の線まで米と水を入れ、輪ゴムで口を縛って袋ごとゆでるとご飯が炊けるもの。水の量を調整すれば、少量のおかゆなど、好みのかたさのご飯も一つの鍋で作れ、食器がなくても袋のまま食べられます。100枚程度から一般向けに販売もされています。



避難バッグに準備しておくのはもちろん、実際に一度作ってみると、万一のときも安心です。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:2016/10/13(木) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

人気温泉地の新しい歩き方。
日帰り&1泊で週末トリップ♪
スパ銭 最新ガイド
神ラーメン本気で旨い店25軒