ここから本文です

【セ・CSファイナル】広島、投打に加えて”走”でも差。初戦を完勝、丸「チームが束になっていけた」

ベースボールチャンネル 10/13(木) 6:50配信

まさにカープの野球

 強い、強い、強い。

 セリーグのクライマックスシリーズファイナルステージ第1戦が行われ、広島東洋カープが5-0で横浜DeNAベイスターズを下した。アドバンテージと合わせてカープが2つのリードとなった。

 これぞまさにカープの野球だった。

 試合は初回の守備からカープがリズムをつかんだ。
 1回表、先発のジョンソンが2ストライクに追い込みながらも、DeNAの1番・桑原将志に四球を出してしまう。しかし、続く2番の梶谷隆幸を遊撃ゴロ併殺打。併殺で残った走者は得点につながりやすいという野球界の格言があるが、俊足の梶谷であっても、しっかり併殺を取れたのは大きかった。

 遊撃手の田中広輔は「いい守備ができたので、リズムをつかめた」と振り返っている。その裏、先頭打者の田中はその言葉どおりにいきなり左翼線の二塁打で出塁している。得点にこそつながらなかったものの、いい流れを呼び込んだ。

 すると3回表、またも守備面で、中堅手の丸佳浩が1番・桑原のあたりを好捕すると、その裏に好機をつかむ。

 先頭の田中四球のあと、2番の菊池涼介がきっり送って1死2塁。3番の丸が中越えの適時二塁打で1点を先制した。続く4番・新井貴浩の右翼適時打で丸が二塁から生還、2点目を挙げた。

 これで完全にペースをつかんだ広島は、先発のジョンソンが波に乗る。
 早いカウントから振りに来るDeNA打線を巧みにかわして凡打を築いていく。「緩急を使ってうまく石原がリードしていた。バッテリーが、今日は一番のポイントだったと思います」と指揮官の緒方孝市監督は絶賛している。


 DeNAの先発モスコーソに6回2失点と粘られたが、7回に追加点を挙げる。

先頭の石原が中前安打で出塁するとジョンソンの犠打で二進、ここで1番・田中が右翼線を破る適時二塁打で1点を追加。続く菊池の中前テキサスヒットでこの回2点目を挙げた。

 8回には1死から四球で出塁の鈴木誠也を1塁において、6番・松山竜平の代打・エルドレッドが左中間を破ると、一塁走者の鈴木は長躯ホームイン。見事な走力で試合のとどめを出した。

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 6:51

ベースボールチャンネル