ここから本文です

セレブがタオル1枚に! マリオ・テスティーノのシリーズ最新作にベラ・ハディッド登場

ハーパーズ バザー・オンライン 10/13(木) 11:37配信

ナオミ・キャンベルからブリトニー・スピアーズ、ジャスティン・ビーバーまで、マリオ・テスティーノが現代のポップカルチャーを象徴するスターたちを、タオルを巻いただけの姿で撮影。そして今、そのプロジェクトがどのように実を結んだのか、その裏側を明かしてくれている。
 
自身のウェブサイト『Mira Mira』にアップされた舞台裏ビデオ『Under the Towel』で、テスティーノは、次なる(このプロジェクトの119番目)モデル、ベラ・ハディド撮影の準備中に、このプロジェクトの経緯と、始まりはケイト・モスと別の仕事をしている時だったことを語っている。

「ケイトがシャワーを浴びた直後、僕に近づいてきて、何をしているのかと聞いたんだ。その姿を見て、僕は『なんて素敵なんだ!それ、いいね!』と叫んだわけさ。彼女はヘアもメークも何もやっていない状態で、頭にタオルを巻いてただけだった」
 
「そこで僕は気がついたんだ。女性は頭にタオルを巻くと、突然、女王様みたいに見えるんだって。何もないからこそ、すべてを物語る感じ」 
 
このシリーズでテスティーノが最も気に入っているのは、クライアントやデザイナーや雑誌のリクエストに応えてではなく、ソーシャルメディアで、自分でやる、自由さだという。「ルールも限界もない。あるのは自由だけなんだ」

最終更新:10/13(木) 11:37

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。