ここから本文です

デザイナーの指示書はパクリだらけ!ユニクロのデザインはMDが主導!? デザイナーぶっちゃけ座談会

サイゾー 10/13(木) 13:00配信 (有料記事)

――アパレル業界で“ファッション・デザイナー”と名乗る人間はゴマンといる。しかし実のところ、洋服をマトモにデザインできる人間は少なく、パクリが横行!? 現役デザイナーたちに実情を赤裸々に語ってもらった。

A…大手アパレル会社勤務 
B…中堅アパレル会社勤務
C…独立系ブランド勤務
D…アパレル専門商社勤務

A ユニクロを擁するファーストリテイリングが2015年8月期(14年9月~15年8月)の連結決算で、売上収益と営業利益、純利益ともに前年実績を上回り、過去最高を更新したけど、16年8月期決算の第1回四半期(15年9月~11月)の営業利益は前年同期を16.9%も下回ったね。

B ただ、15年10月より発売されたユニクロとフランスのデザイナーであるクリストフ・ルメールのコラボ商品は売れているみたいだね。毎回、コラボは高いブランドが安く買えるということで話題になる。

C でも、コラボ相手がマニアックすぎじゃない? 07年にコラボしたアリスロイなんて、日本の一般消費者で知っている人はそんなにいなかったんじゃないかな。世界で売るための戦略なのか、契約金的に大物は引っ張ってこられなかったのか……まあ、後者だろうな。本文:9,277文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:10/13(木) 13:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。