ここから本文です

安倍政権に対し「新案」ぶつける 民進党玉木雄一郎衆議院議員

Japan In-depth 10/13(木) 7:00配信

先日幕を閉じた民進党の代表戦。告示日ぎりぎりに立候補を表明した若手のホープ、玉木雄一郎衆議院議員。蓮舫氏、前原氏に挑むダークホースとして注目が集まっていた。

そんな民進党の未来を担う一人、玉木氏に今後の民進党について聞いた。

玉木氏が代表戦に出馬届けを提出したのは告示日の9月2日。当日まで推薦人集めに苦労していた。蓮舫氏、前原氏の両氏は、旧民主党時代に要職を務めた経験もあり、知名度やキャリアは抜群。苦労して自身が代表戦に出た理由を細川氏が問うと、「根っこから民進党を変えていきたかった。」と答えた。

党の代表が新しくなる、という変化だけで一定の雰囲気は出るが、自分のような全く無名の人間の方が、「何か変わるんじゃないのか」と国民に思わせられるのではないか、と考えたという。論戦や政策作りを担っているのにもかかわらず、表面に出てこない優秀な人もいて、彼らが中心となればがらりと変わる、つまり「変化の度合いがものすごく大きいと思った。」と出馬の理由を明かした。

また、玉木氏の推薦人に名を連ねた仲間は、同様の思いを持ち、全国的にはまだ無名だが、次の時代を担う仲間たちだ。「勇気を出して自分を変えることのできない人間が、日本を変えることなどできない。」そう思って挑戦したという。

ではなぜ民進党にそこまで変化が求められていると思ったのか、と細川氏が問うと、玉木氏は、旧民主党政権に対する国民の失望が大きいから、とした。「今は何か政策などを言う前に、旧民主党だから嫌だと、手にも取ってもらえない」状況にあるという。実際に今の安倍政権に対して不安に思っている人はいるが、安倍政権に代わる受け皿がなく、だったら自民党でいいかなという声は多いとの見方を示した。

しかし新しい受け皿として頑張ろうとしても、昔の民主党の人と思われていて難しい。だからこそ、「自分のような全く新しい人間が出て担うことによって、もう一度国民に素直に選択肢の一つとして考えてもらえるような党に生まれ変わりたい。国民の皆さんに選んでみようかなと思わせたい。」と民進党の再生の必要性を強調した。

では、具体的に変化する中身はなんなのか、何を期待されているのかというと、それは、

1. アベノミクスに変わる経済政策

2. 安全保障・憲法など国の根本に関わる議論における党内のまとまり

3. 党内のガバナンス

この三つをしっかりしていく必要があるという。野党第1党である民進党は、「選択したり得る存在にならなければならない。」と玉木氏は述べた。

またそれに加え、これまでの旧民主党や民進党を見ていると、政権を非難しているだけ、出てきたものを叩いている印象しかなかったかもしれない、とした上で、そういった姿勢ではなく、「自分たちの方から新しいアイデアをどんどんぶつけていきたい。」と述べた。新しいアイデアとは、いわゆる対案ではなく「新案」。つまり、「新しい案」だ。政府与党が考えもつかない、それでいて課題が解決するような案をどんどん出していきたいという。2009年政権交代したとき、高速無料化、子ども手当など、会社で言う「商品」が多く旧民主党から提案され、実現された。しかし今は商品の開発はなく、他社の商品のできが悪いと非難ばかり。国民は、他社から新しく車が生産されないから、自民党一社が生産している車に乗っている状況、とたとえた。

玉木氏は、「新案」を年内にまとめていきたいと述べた。三つから五つの柱でこのようにして次の世の中を作る、という政策を出すという。また、「生産だけでなく営業も必要。営業の場は、選挙である。」と決意を語った。

現在開会中の臨時国会については、「蓮舫代表は躊躇なく攻めまくったらいいと思います。」と蓮舫流を貫くことに期待感を示した。二重国籍問題については一応現時点で問題は解決しているが、今までの経緯を整理して、説明する場を改めて持った方がいい、という考えだ。そのあとは思う存分、「がんがん(与党を)攻めていってほしい。」と述べた。

代表選を経て、幹事長代理に就任した玉木氏。より新しい民進党をめざすための自身の活動として、代表戦を一緒に戦った人たちとともに、「勉強会をやりたい」という。アベノミクスの後どういう経済政策で日本を元気にしていくのか、リーマンショックのようなことがもう一度起きたときどうやって国民の生活を守るのか、ポストアベノミクスのような経済政策をまとめたいと決意を語った。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2016年10月8日放送分の要約です)

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php
細川珠生公式HP http://www.cheering.net/tamao/#
細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

細川珠生(政治ジャーナリスト)/ Japan In-depth 編集部(坪井映里香)

最終更新:10/13(木) 7:00

Japan In-depth

Japan In-depthの前後の記事