ここから本文です

憧れセレブたちの今昔物語 新規更新 「シルヴィア・クリステル」

MEN’S+ 10/13(木) 21:58配信

美女セレブ今昔物語 21 エマ二エル夫人のあの方です!

Sylvia Kristel(シルヴィア・クリステル)

 1952年9月28日、オランダ・ユトレヒト生まれ。上の写真は1974年公開のフランス映画、『Emmanuelle(エマニエル夫人)』より。
 
 残念ながらシルビアは2012年10月17日に享年60歳でお亡くなりになられていますが、「オヤジのための…」と謳ったからには彼女に触れないわけにはいきません。『Emmanuelle(エマニエル夫人)』の出演以降、自らも“エマニュエル”のような役が自分によってのハマり役と考え、この手の役柄に多数出演しています。 
 
 2008年9月には日本のテレビ番組『SMAP×SMAP』にゲスト出演しています。つまり、我々日本人でも40代以上に方にとっては、非常にお世話(?)になった局所的アイドルであった…と言って過言ではないでしょう。

【オヤジのための…憧れセレブたちの今昔物語21人一覧画像を見る!】

2008年、55歳のシルビア・クリステルの写真も掲載。

 2008年6月23日、オランダの女優シルビア・クリステルは第5回「Les Herault du cinema」フイルムフェスティバルに出席したときのもの。
 
 このときすでに、シルビアは2002年に喉頭癌、2004年には肺癌と、2回の癌摘出手術を受けていました。

メンズ・プラス編集部

最終更新:10/13(木) 21:58

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。