ここから本文です

【10月13日のマーケット】日経平均続落1万6774円24銭

オトナンサー 10/13(木) 15:02配信

 10月13日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比65円76銭安の1万6774円24銭で取引を終えました。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、この日の日経平均は上昇した後、下落する展開。朝方は、外国為替市場でドル/円が1ドル=104円台半ばと約2カ月半ぶりの円安・ドル高水準に上昇したことが好感され、一時は前日終値比134円高の1万6974円をつけました。

 しかし、日本時間午前11時に発表された中国の9月貿易統計が弱い結果で、日経平均は急速に下落。ドル/円が1ドル=103円台半ばまで下落したこともあり、前日終値比100円安の1万6739円をつける場面もあったといいます。

 東証1部33業種中、非鉄金属、その他製品など17業種が上昇、一方、石油・石炭製品、海運など16業種は下落しました。個別銘柄では、電気化学工業、東芝が買われ、昭和シェル石油、神戸製鋼所は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前日比0.04ポイント安の1342.31。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=103円70銭台で推移しています。

オトナンサー編集部

最終更新:10/13(木) 15:08

オトナンサー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。