ここから本文です

FX 高金利通貨の「スワップ狙いトレード」のリスク

マネーポストWEB 10/13(木) 17:02配信

 カリスマFXトレーダー・羊飼い氏が、外為市場の旬な話題をウォッチする連載「FXトレンドフォーキャスト」。ここでは高金利通貨の「スワップ狙いトレード」のリスクと注意点について、羊飼い氏が解説する。

 * * *
 政変に伴う為替相場の急変で、FX投資家が損失を被るケースは少なくない。日本時間の7月16日(土)未明、トルコで軍の一部勢力がクーデターを試み、イスタンブールや首都アンカラの主要道路や国営テレビ局を一時占拠する事件が発生した。

 最終的には未遂に終わったものの、このニュースは週末を目前に控えたニューヨーク為替市場を直撃し、トルコの通貨リラはわずか2時間程で36円台半ばから34円台半ばまで急落した。その下落率は5%を超えており、米ドル円なら5円以上一気に動いたようなイメージだ。この急激な相場変動で、SNSなどでは「大損失を被った」といった阿鼻叫喚の声が飛び交った。

 トルコの通貨リラは、マイナー通貨ながら投資家には根強い人気がある。理由はなんといってもその金利の高さだ。

 周知の通り、近年のアメリカや欧州など主要国の金利はゼロに近く、かつて流行したような長期保有でコツコツとスワップ金利(※取引する通貨間の金利差を日割り計算で表わしたもの)を受け取る「スワップ狙い」の投資は難しくなっている。こうした中でもトルコは7.5%と高い政策金利を維持しており、7%の南アフリカの通貨ランドと並んで「スワップ派」の支持を得ているのだ。

 スワップ金利に着目すれば、両国の水準はかなり魅力的だ。FXならレバレッジをかけられるので、計算上はレバレッジ10倍なら年利70%以上、25倍なら175%以上のスワップ金利を受け取ることになる。

 こうした高いスワップ金利を狙う取引は、「ほったらかしでもOK」というイメージが強いせいか、特に投資初心者に人気がある。しかし、現実にはほったらかしで確実に儲け続けられる方法などあるわけがない。今回の騒ぎに巻き込まれたのは主に、FXのリスクを十分に理解しないまま、安易にロングのポジションを積み上げていた投資家だと考えられる。

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 17:02

マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。