ここから本文です

本田翼、女優としてのイメージに変化? 映画『少女』で見せた新しい顔

リアルサウンド 10/13(木) 6:10配信

 三島有紀子の映画では度々、どこか似ていながらも対照的な二人が中心に描かれてきた。デビュー作となった2009年の『刺青 匂ひ月のごとく』では明るく外交的な姉(さとう珠緒)と、おとなしく内向的な妹(井村空美)が対比となり、2014年公開の『ぶどうのなみだ』では大泉洋と染谷将太の兄弟がそれぞれ複雑な感情を抱え、共存していた。

 現在公開している『少女』にも三島映画特有の、“どこか似通っているが対照的な二人”が健在だ。授業中に小説を書きながら、周りと距離を置いて自分の世界に浸る“孤高”の本田翼と、内向的で不安を抱え、いじめられっ子で“孤独”の山本美月の二人である。

 そこに、“死”への漠然とした好奇心を持つこと、同世代の第三者と出会うこと、そして世代が違う者と出会うこと、といった共通項が並べられ、必然的に二人が同じ境遇に置かれているということがわかる。それでも、互いのベクトルは明確に正反対を貫き通しており、たとえば本田翼は真剣佑と出会いながらも自分のペースは崩さずにいるが、佐藤玲と仲良くなる山本美月は完全に呑み込まれる。また、片や子供と仲良くなるのに対し、もう片方は倍以上も年の離れた大人と親しくなる。

 そういった対比は個々のキャラクター性にも垣間見られ、幼い頃に祖母から与えられた手の傷を持ちながらも、それをあまり露見させないようにする本田翼に対し、山本美月はすでに治っている足を、いまだに学校では引きずって歩く。強さを求める者と、弱さに安住したい者という正反対な二人なのに、クライマックスには手を取って走り出すことで、妙に爽やかな共犯関係が成立させられるあたり、“友情”というものは言葉では説明できない恐ろしさを帯びている。

 ポスターの中央に原作者・湊かなえの名前を堂々と掲げ、『告白』と連なったヘビーな学園ミステリーを継承しようとしていることは決して上手くいったとは思えない。それでも、湊かなえミステリーとしての風体を保つためには、『告白』の松たか子のような“孤高”のキャラクター、本田翼をどう扱うかがひとつの重要な要素となる。

 本田翼といえば、現在放送中の水曜ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』でファッション誌の編集者として出演しているが、まだ演技に関しては未知数な部分が多い。過去にリアルサウンド映画部では、月9ドラマ『恋仲』と、昨年の秋に公開された映画『起終点駅 ターミナル』の際に、彼女を(良い意味での)「空洞」であり、演出家の腕で化けるタイプの女優であると評してきた。今回の『少女』では、三島有紀子にまんまと化かされ、これまで彼女が見せてきたイメージを封印した冷徹な表情を見せるのだ。

 ことに、映画になると本田翼という女優は、転々とイメージを変えていく。世の中が持つ彼女のイメージが、2011年のダイドーコーヒーのCMで、「ぶれんじゃねーぞ」と自分に言い聞かせる前向きな彼女に端を発しているならば、これはもはや「ぶれている」とか「ぶれていない」とかではない。将来的に「ぶれない」ためのキャラクターをまだ模索しているかのようだ。

 『すべては君に逢えたから』で見せた、どこにでもいる普通の少女か、それとも『アオハライド』での突き抜けて溌剌とした姿か、とくに本田翼らしいイメージが出ているのはこの二本だろう。対照的に『ニシノユキヒコの恋と冒険』で見せたようなミステリアスな魅力は、前述の『起終点駅 ターミナル』でも発揮された。いずれも微かに明るさは残されていたが、今回はそれさえも封印して、静かに、かつ冷ややかで一定という、まったく新しい境地に挑んでいるとみてよいだろう。

 もっとも、中盤で彼女が突然海に飛び込むシーンだけは、冷めた表情とは打って変わって魅力的だ。そこでは活発さを通り越した、危うい魅力が放たれる。何の前触れもなく水に飛び込む場面というのは、冒険心に溢れた若気の至りを表すエモーショナルな芝居になるものだ。これまでもドラマやCMでプールに飛び込む彼女を見たことがあるが、やはりこういう芝居の方が、本田翼にはよく似合っている。

久保田和馬

最終更新:10/13(木) 6:10

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。