ここから本文です

【MLB】「歴史を作り続けていく」イチロー、来季到達が見込まれるマイルストーン

ベースボールチャンネル 10/13(木) 11:00配信

記録イヤーとなった2016年

 連日ポストシーズンで大きな盛り上がりを見せている10月のメジャーリーグ。一方既に敗退もしくはポストシーズン未出場のチーム界隈では今季のストーブリーグ、そして来シーズンの話題で持ちきりになっている。

 米スポーツサイト『SB Nation』の『FISH STRIPES』では「イチローの前にそびえ立つマイルストーン」と題して、来季イチローが達する可能性のある記録を取り上げている。

The future Hall of Famer isn’t particularly close to any other sexy round numbers, so there won’t be nearly as much marketing/media noise surrounding him. But assuming that Suzuki’s next two years of performance resemble his previous two, he’ll continue making history of local, league-wide and international significance.
将来の殿堂入り選手であるイチローは、今のところ節目となる数字に近づいてはいない。しばらくマーケットやメディアの喧騒は彼の側から離れるだろう。しかしイチローのパフォーマンスが過去2年と同じようになるとすれば、彼はマイアミ、メジャーリーグ、そして国際的な歴史を作り続けていくだろう。

 今シーズンは、まさに「記録イヤー」となったイチロー。

 4月29日の試合でメジャー史上38人目の通算500盗塁、6月2日には日米通算700盗塁も達成。特筆すべきはここからで、6月15日のパドレス戦では日米通算4257安打を放ち、ピート・ローズの持つ通算4256安打を上回る。そして8月7日、クアーズフィールドでのロッキーズ戦でアジア人としては初となるメジャー通算3000安打の大記録に到達。7回ライトフェンス直撃の三塁打での達成だった。

 そんな2016年の翌年ゆえに3000本、500盗塁といった大きな数字こそはないが、いくつかの記録の達成が見込まれている。

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 14:05

ベースボールチャンネル

なぜ今? 首相主導の働き方改革