ここから本文です

アグエロ、痛恨のPK失敗で反省「言い訳はしない。人々はブーイングする権利ある」

フットボールチャンネル 10/13(木) 7:40配信

 アルゼンチン代表で背番号10を着ける28歳のFWセルヒオ・アグエロが、現地時間11日に行われた2018年ロシアW杯南米予選のパラグアイ戦でPKを失敗したことで責任を感じていることを明かした。12日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 試合開始して18分、パラグアイ代表が自陣から一気にカウンターを仕掛けるとデルリス・ゴンサレスがドリブルで仕掛けてゴールを決めた。

 対するアルゼンチンは47分にPKのチャンスを獲得。同点に追いつくチャンスだったが、キッカーを務めたアグエロがPKを失敗してしまった。結局、アルゼンチンはパラグアイを相手に0-1の敗戦を喫している。

 試合後にアグエロは「物事は計画通りに進まなかった。僕はPKを失敗してしまい、やりたいことを達成できなかった。今日は僕の日ではなかったよ」とし、「言い訳はしない。人々はブーイングする権利を持っている。誰も批判されることは好きではないさ。それを変えるために僕は良いプレーできることをピッチ上で証明しないといけない」と語り、反省した様子を見せた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/13(木) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。