ここから本文です

レスターが好調ブラジル人FWの争奪戦に参戦 岡崎の出場機会がさらに減少か?

Football ZONE web 10/13(木) 8:00配信

CLに参戦するブルガリア1部ルドゴレツ所属のブラジル人FWカフーを狙う

 日本代表FW岡崎慎司とポジションを争う新たなライバルが、来年1月にレスターへやって来るかもしれない。今季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)に参戦しているブルガリア1部ルドゴレツのブラジル人FWジョナタン・カフーの獲得に乗り出していることが明らかになった。英地元紙「サン」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今夏の移籍市場でセリエAラツィオも獲得に乗り出した25歳のストライカーは、ここまで今季リーグ戦で6試合3ゴール、CLで2試合1ゴールと結果を残している。代理人はラツィオに加え、フランス強豪リヨン、レスターも争奪戦に参戦したと明らかにしているという。

 レスターはイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディを軸に、今季スポルティング・リスボンから加入したアルジェリア代表FWイスラム・スリマニがコンビを組む試合が増えている。昨季2トップの一角でレギュラーだった岡崎は、スリマニとのポジション争いで劣勢に立たされている。

 さらにレスターは今季、CSKAモスクワからナイジェリア代表FWアーメッド・ムサというスピードスターも獲得。選手層は確実に厚くなっているが、記事ではアルゼンチン人FWレアンドロ・ウジョアの去就が不透明なため、クラウディオ・ラニエリ監督は新たなFWの補強を考えているという。

 カフーが加入した場合、侍ストライカーは更に厳しいポジション争いを強いられることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/13(木) 8:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。