ここから本文です

東京国際映画祭で『虐殺器官』冒頭上映 中村悠一、櫻井孝宏も登壇

KAI-YOU.net 10/13(木) 19:42配信

2016年冬に公開予定の、伊藤計劃さんのSF小説を原作とした劇場アニメ『虐殺器官』の上映イベントが、10月31日(月)に開催される東京国際映画祭内のアニメーション特別企画「TIFFアニ!!」で行われる。

『虐殺器官』の大きな画像をもっと見る

イベント内では、『虐殺器官』本編の冒頭約15分が上映されるほか、主人公であるクラヴィス・シェパード大尉役の中村悠一さん、ジョン・ポール役の櫻井孝宏さんによるトークショーも実施。

中村悠一さんと櫻井孝宏さんは、10月25日(火)の東京国際映画祭初日のレッドカーペットにも登場予定だ。また、10月14日(金)より、全国劇場にて最新の特報映像が上映される。

「Project Itoh」の最終作となる『虐殺器官』

『虐殺器官』は、伊藤計劃さんの作品群をアニメ化する「Project Itoh」の一環として製作中の作品。

当初は『屍者の帝国』『虐殺器官』『ハーモニー』の3部作で3ヶ月連続で公開される予定だったが、アニメーション制作会社・マングローブの破産にともなう製作体制見直しのため、『虐殺器官』のみ2016年冬に公開延期となっていた。

最終更新:10/13(木) 19:42

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。