ここから本文です

ミランにセスク獲得の噂が浮上するも… 指揮官は「システムに合わない」と否定的

Football ZONE web 10/13(木) 9:31配信

モンテッラ監督は18歳の新鋭MFロカテッリに期待

 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、冬の移籍市場に向けてチェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスをターゲットにしていると報じられてきた。しかし、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は「システムに合わない」と獲得に否定的であるという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 ミランに、このインターナショナルマッチウィークの間に激震が走った。6日のロシア・ワールドカップ欧州予選スペイン戦で、キャプテンのイタリア代表MFリッカルド・モントリーボが左膝前十字靭帯損傷の重傷を負った。すでに手術が成功したとクラブは公表しているが、少なくとも半年間の離脱を余儀なくされ、リハビリなどを考えれば今季はほぼ絶望という状況にある。

 ガゼッタ紙は、この状況を受けたモンテッラ監督のコメントを伝えている。

「彼は交換不可能なプレーヤーであり、人物だ。それはピッチの上でも、ロッカールームでもそうだ。彼の負傷は、考えることができるなかで最も大きな損失だと言える」

 モントリーボの負傷を重く受け止めているなか、モンテッラ監督は18歳の新鋭MFマヌエル・ロカテッリへの期待を口にした。

「ロカテッリを最後のゲーム(1日のサッスオーロ戦)で投入した時間帯を振り返ってほしい。試合を決定づける時間帯(後半14分)だった。それは、私が最大限の信頼を置いているという意味だと受け取ってほしい。もちろん、彼にはまだゆっくりと少しずつ成長してほしいと思っているのだが」

今後は「モントリーボと同じタイプ」を探す

 そして、イタリア国内では「修復のメルカート」とも呼ばれて、負傷などの事態に対応するものと位置付けられる冬の移籍市場の補強についてもコメントしている。

「モントリーボと同じタイプの選手を考えなくてはいけない。その選手は、アンカーだけではなく、インサイドハーフでもプレーできるはずだ。ファブレガス? 彼はシステムの中でどちらにも合うタイプではないだろう」

 モンテッラ監督自身が、セスク獲得に対して否定的な見解を示した。今後は冬の移籍市場に向けて、後方からゲームを作るレジスタであり、インサイドハーフでもプレーできるタイプの選手をミランは探していくことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/13(木) 9:31

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。