ここから本文です

AmazonのCEOジェフ・ベゾスが語る「常に正しい人たち」の条件

ライフハッカー[日本版] 10/13(木) 22:10配信

無駄に長い時間、「間違った」ことにとらわれていたくないというのは誰もが思うことでしょう。「37 Signals」のブログで、AmazonのCEOであるジェフ・ベゾス氏が、できるだけ長い間「正しい」状態でいるための唯一の方法は、自分が心変わりすることを喜んで受け入れることだ、と言っています。

とても簡単なことのように聞こえます。しかし、自分の考え方は頭の中に染み付いているものなので、生易しいことではありません。37 Signalsの質問コーナーでは、ベゾス氏の返答を採り上げ、以下のように記しています。

ベゾス氏は「常に正しい人たちというのは、自分の意見をよく変える人たちだった」と言っています。彼は、思考に一貫性があることが特別正しいとは思っていません。今日の考えと明日の考えが矛盾することは、間違いなく健康的なことであり、推奨されるものでもあります。

自分の考え方というのは、一時的なものだと思った方がいいということでしょう。人間の心は常に変わるものです。やっぱり戻りたい、考え方を見直したいと思うのも、悪いことではありません。人間はほとんどいつも間違っているようなものなので、自分の意見を撤回することは、世界観を変えるような新しい考え方に、心を開いているということの表れです。

つまり「決して考えを変えないのは愚か者だけだ」ということです。意固地になりそうな時には、思い出したい言葉です。

Some advice from Jeff Bezos | 37 Signals

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photo by Richard Elzey.

最終更新:10/13(木) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。