ここから本文です

ありそうでなかった!?餃子女子も注目の「餃子フェス」開催

@DIME 10/13(木) 12:30配信

昨今、巷で話題のキーワドとなっているのが「餃子女子」。餃子を取り巻く環境が時代とともに少しずつ変化し、女性だけで気軽に入ることができるオシャレな餃子専門店や餃子バルなどが続々とオープンしている。

“ニンニクたっぷり、男性的なスタミナ料理”のイメージが強かった餃子が、今や“餃子女子”とよばれる、餃子を愛する女子が急増しているのだ! 実際、女子会などの場面でも利用され、お気に入りのマイ餃子店舗をいくつか抱え、週1~2日は餃子を食べるという現象が多発している。そんな中、明日12日から開催される「餃子フェス」では、餃子女子はもちろん、男性にも新たな餃子文化を提案。王道だけではない、様々な工夫がほどこされた注目の最新餃子が集結する!

1.餃子を仲間とシェア!
一粒ずつ取り分けやすい餃子は、仲間と分け合うのにぴったり!カップルやグループなど、気の合う仲間と餃子をシェアして、餃子の食べ比べもオススメ。

2.餃子を撮ってSNSでシェア!
美味しい餃子を食べたら写真を撮って、笑顔と一緒にSNSヘ投稿。思わずシェアしたくなるような見た目の餃子や、美味しさを伝えずにはいられない絶品餃子まで、種類豊富に用意。

3.餃子を囲んで楽しい時間を仲間とシェア!
中野四季の森公園は、JR中野駅から徒歩5分。緑あふれる開放的な空間で、食べる餃子はまた格別。そこに気の合う仲間がいれば言うことなし。餃子を通じて提案する楽しい時間を中野から発信!

餃子フェスを体感せずに、餃子女子、餃子男子は語れない!気になる出店店舗は、ビールにぴったりの餃子を提案する「新宿BLG餃子」、イタリアンと餃子の融合「鉄板餃子酒場ちびすけバル」、気になるチリポヨ餃子は「WASH1N TOKYO」から。こだわりの皮で包まれたこれぞ王道の焼き餃子「肉玉そばおとど×酔っ手羽」、餃子酒場の名店「肉汁餃子製造所ダンダダン酒場」など、新時代の餃子ブームにふさわしい、バリエーション豊富な餃子が出店!今後続々増える出店店舗情報からも目が離せない!

【イベント概要】
会場:中野四季の森公園(東京都中野区中野4丁目13)
日時:2016年10月12日(水)~10月16日(日)10:00~20:00(初日のみ12:00~20:00)
主催:餃子フェス実行委員会(一般社団法人 中野区観光協会、AATJ)
後援:東京商工会議所中野支部 中野区商店街連合会 中野法人会J-WAVE
料金:入場料無料 食券・電子マネー利用可能 ※食券は1枚600円(税込)

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:10/13(木) 12:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き