ここから本文です

最も稼いだ「今は亡き有名人」は誰?

女性自身 10/13(木) 11:06配信

米経済誌『Forbes』が、過去1年間で最も多くの収入を得た今は亡き有名人のランキングを発表した。

1位は2009年にこの世を去った“キング・オブ・ポップ“、マイケル・ジャクソン。遺産を管理する「Sony/ATVミュージックパブリッシング」からの配当を中心に8億2500万ドル(約860億円)を稼いだ。この額(税込)は同ランキングにおいて断トツの歴代1位だという。ただし、これは音楽の売り上げだけではない。

今年3月、ソニーはジャクソン財団が出資するSony/ATVミュージックパブリッシングの全株式を7億5000万ドルで取得し完全子会社化。この売却額が8億2500万ドルの大半を占めているのだ。

2位はスヌーピーの産みの親で、2000年に亡くなったチャールズ・M・シュルツ。代表作『ピーナッツ』の著作権使用料などで4800万ドルを稼いだ。

9位にはアルベルト・アインシュタインがランクイン。ポスターやTシャツなどの肖像権使用料の他、salesforceのAI(人工知能)が「Einstein」と名付けられたことによる名前の使用料などで、アインシュタイン財団は1150万ドルを得ている。

以下に13位までのランキングを紹介する。マイケル・ジャクソンの突出ぶりが際立つラインナップとなっている。

1位 マイケル・ジャクソン(ミュージシャン・2009年没) 8億2500万ドル
2位 チャールズ・M・シュルツ(漫画家・2000年没) 4800万ドル
3位 アーノルド・パーマー(プロゴルファー・2016年没) 4000万ドル
4位 エルヴィス・プレスリー(ミュージシャン・1977年没) 2700万ドル
5位 プリンス(ミュージシャン・2016年没)2500万ドル
6位 ボブ・マーレイ(ミュージシャン・1981年没)2100万ドル
7位 セオドア・スース・ガイゼル(絵本作家・1991年没) 2000万ドル
8位 ジョン・レノン(ミュージシャン・1980年没) 1200万ドル
9位 アルベルト・アインシュタイン(物理学者・1955年没) 1150万ドル
10位 ベティ・ペイジ(女優・2008年没) 1100万ドル
11位 デヴィッド・ボウイ(ミュージシャン・2016年没) 1050万ドル
12位 スティーヴ・マックイーン(俳優・1980年没) 900万ドル
13位 エリザベス・テイラー(女優・2011年没) 800万ドル

最終更新:10/13(木) 11:06

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。