ここから本文です

フランス代表のW杯予選開催日が変更 1年前のパリ同時多発テロを考慮

Football ZONE web 10/13(木) 15:18配信

11月13日に開催予定だったスウェーデン戦が2日前倒し

 11月13日に予定されていたロシア・ワールドカップ欧州予選のフランス対スウェーデンが、フランス側のリクエストにより11日に変更された。イタリアの衛星放送局「スポーツメディアセット」などが、開催日変更の経緯を報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 フランス側が11日の試合開催を希望した理由が、1年前の2015年11月13日にパリで起きた同時多発テロ事件にあるという。この事件では、パリ郊外のサンドニにあるスタッド・ドゥ・フランスで開催されていたフランス対ドイツの国際親善試合もターゲットになった。スタジアム内で爆発物も使用され、避難場所としてピッチ内に観客を降ろした。両チームの選手は、ロッカールームで恐怖に震えたという。

 そうしたことを受け、パリでは1年後となる13日に犠牲者へ哀悼の意を込めた式典などが予定されており、そのなかで試合を開催するのはふさわしくないと判断された。そしてフランスサッカー連盟からUEFAとFIFAへ、試合日変更のリクエストが出され、両者ともに受諾。試合日は2日早まり、11日となった。

 世界中を震撼させたテロの脅威により、今夏にフランスで開催された欧州選手権でも厳戒態勢が敷かれた。1年の月日が流れても、フランスの人々にとって恐怖の1日は忘れられないものになっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/13(木) 15:18

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。