ここから本文です

ブラジル代表、”停電”で試合が一時中断。ベネズエラサポが反政府チャント熱唱も

フットボールチャンネル 10/13(木) 11:20配信

 現地時間11日に2018年ロシアW杯南米予選が行われ、ブラジル代表はベネズエラ代表と対戦し2-0の勝利をおさめた。ただ、この試合中にトラブルが発生していたようだ。12日に英メディア『BBC』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 試合開始して8分にガブリエル・ジェズスが技ありのループシュートで先制点を決め、53分には左サイドからのクロスに飛び込んだウィリアンが追加点を決めた。

 同メディアによると、ブラジルが2点リードしていた74分にスタジアムで停電が起きたとのこと。現地は夜だったため辺り一面が真っ暗になった。その後、一部の照明だけは回復したが約22分間も試合を中断することになったようだ。

 さらにこの時、ベネズエラのサポーターが「マドゥロアウト」や「リコール・レファレンダム(再投票)」と唱え、ニコラス・マドゥロ大統領の失脚を訴えていたという。

フットボールチャンネル

最終更新:10/13(木) 11:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。