ここから本文です

ホセ・ルイス・ゲリン監督最新作『ミューズ・アカデミー』来年1月7日に公開へ

リアルサウンド 10/13(木) 16:15配信

 『シルビアのいる街で』のホセ・ルイス・ゲリン監督最新作『ミューズ・アカデミー』が2017年1月7日に公開されることが決定。あわせて「ミューズとゲリン」と題した特集上映も行われることが発表された。

 ホセ・ルイス・ゲリンが新作の舞台として選んだのは、実在する大学教授ビントにより開講される授業“ミューズ・アカデミー”。文学や芸術をひも解きながら、現代のミューズ像を探るこの教室で繰り広げられる議論や人間関係が、フィクションとドキュメンタリーの判別がつかない、ゲリン独自の映像と言葉で描かれる。

 そして、『ミューズ・アカデミー』の公開を記念し、ホセ・ルイス・ゲリン監督特集上映「ミューズとゲリン」も同時開催決定。2012年に開催し多くのゲリンファンを生み出した「ホセ・ルイス・ゲリン映画祭」でも上映した7作品に加えて、11月に広島国際映画祭でブレミア上映される『サン=ルイ大聖堂の奴隷船サフィール号』含めた、短編4作品が上映される。また、広島国際映画祭開催に合わせて11月にはゲリン監督の来日が決定し、都内でのイベントも開催される予定。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/13(木) 16:15

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。