ここから本文です

SuG、2ndミニアルバム収録曲「KILL KILL」MV公開 監督は増田セバスチャン

リアルサウンド 10/13(木) 18:00配信

 SuGが、11月2日にリリースする2ndミニアルバム『SHUDDUP』収録曲「KILL KILL」のMVを公開した。

 同楽曲は、ツイキャスで視聴者から歌詞のアイデアを募集したもので、日常にあふれる“KILLしたい”を叫ぶという過激な内容ながら、鬱憤を晴らすことで前を向こうとする、“必要悪”をテーマとした“Heavy Positive Rock”となっている。今回MVの監督を務めたのは、きゃりーぱみゅぱみゅのMVやステージ演出なども手掛ける増田セバスチャン。増田がロックバンドのMVを手掛けるのは同作が初で、大量のスクラップを用いて構築された巨大な舞台美術の上で、楽曲のテーマを寓意的に描いた映像に仕上がった。

 なお、武瑠(Vo.)のTwitterアカウント上では、MVのメイキング映像の一部を公開している。また、MV公開を記念して、11月6日までの期間中にハッシュタグ「#SuGとKILLしたい」をつけてMVの感想をツイートすると、抽選でメンバーがMVの中で着用している『SHUDDUP』Tシャツが当たるキャンペーンも開催するという。

 「KILL KILL」は、『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)11月度エンディングテーマに決定しており、11月1日放送分よりオンエアとなる。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/13(木) 18:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。