ここから本文です

ロベルト・カルロス氏、古巣レアルの監督を希望も「今は望まれていない」

フットボールチャンネル 10/13(木) 20:19配信

 元ブラジル代表のロベルト・カルロス氏は、現役時代の古巣レアル・マドリーで監督を務めることを希望してクラブと話をしたものの、現時点では断られたと明かしている。13日付のスペイン『EFE通信』が伝えた。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

”世界最高の左サイドバック”としてマドリーなどで活躍したロベルト・カルロス氏は、現役引退後にトルコで指導者としてのキャリアをスタート。インドで選手兼監督として現役復帰したあと、現在はマドリーのアジアにおけるアンバサダーを務めている。

 マドリーでは現在、ロベルト・カルロス氏にとっては現役時代のチームメイトでもあるジネディーヌ・ジダン監督がトップチームの指揮を執り、Bチームではサンティアゴ・ソラーリ氏、下部組織ではグティ氏もそれぞれ指導にあたっている。ロベルト・カルロス氏も、いつかはマドリーで監督を務めたいという希望を以前に口にしていた。

 だが、今すぐにその希望が叶うことはなさそうだ。「クラブと話をしたが、彼らは私を望んではいない。今のところは、アンバサダーとして私のイメージがすごく有効だと言っていたよ」とロベルト・カルロス氏は、北京でのレアル・マドリー基金によるプロジェクト発表の席で述べた。

「今のところは、アンバサダーを続けていく。それで満足だよ」とクラブのレジェンドは話している。いつかはマドリーで監督を務めるロベルト・カルロス氏の姿を見ることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:10/13(木) 20:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)