ここから本文です

スタイルなきハリルジャパン。日本代表はブラジルW杯以降、空白の時間を過ごしている

SOCCER DIGEST Web 10/13(木) 6:00配信

日本の「強さ」「スタイル」はどこにいったのか、見えなくなった試合だった。

 オ-ストラリア戦、1-1のドロ-に終わったが4年間でサッカ-がこれだけ変わってしまうんだなぁとつくづく感じた。日本の「強さ」「スタイル」はどこにいったのか、見えなくなった試合だった。
 
 4年前、日本はブラジル・ワールドカップ最終予選の3戦目でオ-ストラリアと今回と同じアウェーで戦った。
 
初戦はオマーンを3-0で破り、2戦目はヨルダンに6点取って圧勝した。ポッゼッションとカウンタ-を使い分け、流れるような攻撃からゴ-ルを奪い、ヨルダンの戦意を前半で消失させた。
 
その良い流れの中でのオ-ストラリア戦だったが、戦前は苦戦必至と言われていた。ところがフタを開けてみると日本が終始ペースを握り、オーストラリアを圧倒。スコアは今回と同じ1―1だったが内容はまったく異なり、「日本強し」の強烈なイメージをオーストラリアはもちろんアジア各国に与え、最終予選突破に向けて重要なポイントになった。
 
 ところが今回はどうだろう。
 
 オーストラリアにボールを握られ、回され、押し込まれた。日本は、引いて守ってカウンター攻撃のみ。長谷部誠は相手に回させてのカウンターを徹底していたというが、それは逆にいうと単純に4年前よりも力が落ちているということではないだろうか。少なくとも4年前は、今回のような戦術を取らずとも優位に戦えたからだ。
 
 以下は4年前のオ-ストラリア戦の中盤とFWのスタメン、今回のスタメンだ。
●ブラジルW杯予選 ●ロシアW杯予選
MF長谷部      MF長谷部
  遠藤         山口
  本田         小林(清武)
  岡崎(清武)     原口(丸山)
  香川(伊野波)    香川
FW前田       FW本田
 
 メンバ-には長谷部、本田圭佑、香川真司がおり、交代選手も清武弘嗣で、さほど変わらない。大きな違いは、ポゼッションサッカ-の主役だった遠藤保仁の存在だ。
 
 ブラジル・ワールドカップ予選時、彼らのスタイルが構築されたのは南アフリカ・ワールドカップの反省が立脚点になっていた。ワールドカップなど世界の強豪相手では個々の能力や攻撃力、組織力に差があり、勝つためには守備的に戦わざるをえない。それが現実だったし、その戦い方で南アフリカ・ワールドカップでベスト16に進出できた。

【PHOTO】フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

1/3ページ

最終更新:10/13(木) 6:00

SOCCER DIGEST Web