ここから本文です

日本代表がGKキャンプを実施。西川、東口らの常連組に加え、リオ五輪代表の中村、櫛引など6人を招集

SOCCER DIGEST Web 10/13(木) 20:03配信

中村、櫛引、シュミット・ダニエルが代表候補初招集。

 日本サッカー協会が10月13日、GKのみによる日本代表候補のトレーニングキャンプを実施すると発表した。

 今回は西川周作、東口順昭、林彰洋といった常連メンバーに加え、3人が初招集。櫛引政敏、中村航輔らリオ五輪メンバーとJ2松本のシュミット・ダニエルが選ばれた。キャンプは10月17日から19日にかけて大阪のJ-Green堺で行なわれる。

 招集メンバーとスケジュールは以下のとおり。
 
【招集メンバー】
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)
林 彰洋(鳥栖)
シュミット・ダニエル(松本)
櫛引政敏(鹿島)
中村航輔(柏)
 
【スケジュール】
10月17日(月)    PM         トレーニング(J-Green堺)
10月18日(火)    AM/PM トレーニング(J-Green堺)
10月19日(水)    AM        トレーニング(J-Green堺)
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

最終更新:10/13(木) 20:06

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。