ここから本文です

最近のモミ合い相場はいつ崩れてもおかしくない感じです

会社四季報オンライン 10/13(木) 19:31配信

 日経平均株価は10月11日に1万7074円まで値上がりし、下落の過程であけた2つの窓をしっかりと埋めました。9月上旬以来の高値水準なので、いったんの達成感が出ても不思議ではありません。

 一方、米国の株式市場は高値圏でモミ合う展開が続いています。大統領選挙に向けてテレビ討論が行われており、民主党候補のクリントン氏が優勢とみられますが、結果は終わってみなければわからないとも思っています。外国為替市場では年末12月に米国の利上げが行われる可能性が高まってきたのを背景に一時、円に対してドルが1ドル=104円台まで買われました。

 日経平均の11日高値は上値抵抗線(三角保ち合いの上限? )近辺の水準。レンジを上に抜ければ勢いがつく可能性もありますが、そうでなければモミ合いにとどまる公算が大きく、買いを入れるにもためらってしまう水準です。

 9月は日銀によるETFの買い入れがかなりの頻度で行われていましたが、株価水準が高値圏にあるうえ、10月以降はドル・円相場が円安ドル高方向へ振れているのが要因になのか、ETFをさほど買っていません。テクニカル面からも変化日らしい変化日が見当たらず、米国大統領選の大勢が判明するまでは、モミ合う可能性が高いとみています。

 株式市場の地合いが定まらず、相場のテーマも変化しているため、保有株は順次売却しています。その一つがイオンファンタジー <4343> 。イオン <8267> 系で大型ショッピングセンター内に遊戯施設を展開しています。株主優待があるうえ、株価も大底を打った可能性が高いと判断し1000円台の水準で購入。その後は珍しく1年以上保有していた銘柄です。

 株価は5日に発表した今2017年2月期第2四半期累計(16年3~8月)決算の内容などを好感して、目標に設定していた3000円を超えてきたので売りました。これに対して、ハイテク関連株は売却したものもあれば、いまだに保有している銘柄もあり、様子を見ながら売買しています。

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 17:21

会社四季報オンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。