ここから本文です

香港学生リーダーを捕まえる「邪悪な竜」の長い爪 - 辣椒(ラージャオ、王立銘)辛口風刺画・中国的本音

ニューズウィーク日本版 10/13(木) 17:50配信

<香港の学生運動のリーダーがタイ入国の際に警察に拘束され、国外追放となった。最近、中国共産党は弾圧の手をタイにまで伸ばしている>

「雨傘運動」で活躍した香港の著名な学生リーダー黄之鋒(ジョシュア・ウォン)が、バンコクで76年に起きた学生運動の40周年記念活動に出席するため当地に向かったのは10月4日のこと。ところが思わぬことに、バンコクの空港に到着すると彼はたちまちタイ警察に拘束されてしまった。

 全世界が注目する中、12時間の拘束の後、ウォンは国外追放処分になった。香港に到着後、ウォンは記者に対して拘留時にタイ警察から「どのようにでも処分できる」と威嚇されたことを明らかにした。国外追放にあたって、タイ当局は出入国に関する法規によってウォンの入国を拒絶し、すでに彼をブラックリストに入れた、と文書で告知した。

 ウォンの拘束を知った時、私がまず思ったのは「彼は中国に送還されて、中国中央電視台(CCTV)で謝罪させられるのか?」ということだった。事件の展開を見るに、タイ政府のやり方はまるで中国政府による反政府派の弾圧のコピーだ。

 ここ数年来、タイは中国政府と協力して悪事を繰り返してきた。タイに逃れた数人の反政府派中国人は、国連高等難民弁務官事務所で政治難民の登録をしているにも関わらず、中国に送還される運命をたどった。香港・銅鑼湾書店の店主も中国警察によってタイから拉致された。

 今回、ウォンは中国当局に捕まえられ、中国のテレビで罪を認めさせられることはなかった。しかし、中国共産党という邪悪な竜の爪はすでにかなり長く伸びている。次に彼が捕まらないと、誰が保証できるだろうか。



上周二(10月4日),香港著名学生领袖黄之锋应邀出席1976年曼谷学运40周年的纪念活动,不料他刚抵达曼谷的机场就遭到泰国警方拘留。在外界的强烈关注下,黄在拘押12小时后被泰国警方驱逐出境。

黄之锋回到香港后告诉记者,在被拘留期间,泰国警方对他作出言语上的威胁,称他们可以随意处置他,在他被驱逐出境时,泰国方面还发出一份文件,告知黄之锋,根据泰国出入境法规拒绝其入境,并已将他列入黑名单。

我在得知黄之锋被扣留后第一个想法就是:"他会不会被送到中国,在中央电视台上被迫认罪?"看了之后的整个事件的发展,发现泰国的做法几乎就是中国对待异见人士动作的翻版。
近年来,泰国一直在配合中国政府作恶,多位逃亡泰国的异见人士,都已经在联合国难民署做了政治难民的登记,但依然逃不过被送回中国的命运,香港铜锣湾书店的老板也被中国警方从泰国抓走。

这次黄之锋虽然没有被直接抓回中国上电视认罪,但中共的恶龙之爪已经伸得这么长了,谁能保证下一次呢?

辣椒(ラージャオ、王立銘)

最終更新:10/13(木) 18:10

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。