ここから本文です

BMW 7シリーズ新世代プラグインハイブリッドBMW 740e iPerformanceを「戦略価格」1169万円で発売開始

clicccar 10/13(木) 12:15配信

BMWのフラッグシップサルーンである7シリーズに、プラグインハイブリッドモデルが追加されました。「BMW 740e iPerformance」という車名からも分かるように単なるエコ重視モデルではなく、圧倒的な加速性能も兼ね備えた最新のプラグインハイブリッドモデル。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



マイナーチェンジを受けたBMW i3などサブブランドである「BMW i」に初搭載された電気駆動技術「eDrive(イー・ドライブ)」を同車にも組み合わせることで、BMWならでは走りと環境性能の両立を実現しているのが特徴です。

プラグインハイブリッドシステムは、まず嵩張るリチウムイオンバッテリーを後席下、ガソリンタンクを荷室奥側下に配置。9.2kWhの大容量を誇るバッテリーをはじめ、最新の2.0L直列4気筒BMWツインパワーターボエンジンに、8速ATと一体化された高出力電気モーターを組み合わせ、システムトータルの最高出力は240kW(326ps)、最大トルクは500Nm(51.0kgm)に達します。



0-100km/h加速は、巨体を軽々と加速させる5.4秒(ヨーロッパ仕様車値)で、3.0Lターボエンジン車を超える動力性能を実現。また、電気モーターのみでの走行の場合、42km(JC08モード)までの走行が可能で、速度域も140km/hまでカバーするといいますから日本での日常使いからEV走行のみでまかなえるシーンも多そうです。



充電はブレーキ時や下り坂での運動エネルギーを回収し、走行中でも100%まで充電することが可能。さらに、全国約8,500基の提携充電ステーションにて1年間無料で充電が可能なBMW専用の公共充電サービス「ChargeNow(チャージナウ)」も車両に付帯します。なお、自宅での充電時はEV専用充電コンセント(車両に付属の普通充電ケーブルを利用)、または「BMW iウォールボックス・ピュア」から充電(200V/15A)することが可能で、約4時間で満充電となります。



走行モードは、モーターとガソリンのバランスのいい走りが可能で、80km/hまではモーター走行が可能な「AUTO eDrive」、140km/hまでのモーター走行に対応する「MAX eDrive」、バッテリーを減らさないようにできるほか、エンジンを回すことで100%までチャージできる「Battery Control」を用意。



また、気になる居住性は7シリーズにふさわしい後席スペースが確保されているほか、積載性も荷室容量420Lを確保するなど高い実用性が提供されます。さらに、荷室フロアの後端部を折りたたみ式とすることで、背の高い荷物を収納する際にはラゲージフロアを低くすることが可能で、高い機能性と利便性を実現。

さて、気になる価格は「BMW 740e iPerformance」が1169万円、「BMW 740e iPerformance M Sport」が1240万円となっていますが、これは既存の740iの1225万円、740i M Sportの1296万円よりも安い「戦略価格」になっています。



(塚田勝弘)

最終更新:10/13(木) 12:15

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)