ここから本文です

ひとまず取引先に期待感は絶対に持たせる、外さない接待店5選

東京カレンダー 10/13(木) 5:20配信

大切な方への接待におすすめの、ここさえ押さえれば外さない5店をご紹介。
季節の味わいの会席料理店や門外不出の伝統の味の店、熟練の職人技を堪能できる店、完全個室で夜景と美食のおもてなしができる店、オーセンティックなバーなど個性が光る店で過ごすひと時に、きっと誰もが大満足。

【この記事の全ての写真】

地上200mからの眺望と完全個室のおもてなし『個室会席 北大路 新宿茶寮』

都庁前

新宿住友ビル51階。隠れ家への扉のような数寄屋門をくぐると、そこは別世界。大中小25の完全個室でのおもてなしは、招待されたお客様が満足できる、まさに接待向き。

京都の町家をイメージした、隅々にまで美意識が感じられる静謐な空間がそこにある。接待はもちろん、会食、家族のお祝い事や両家の顔合わせ、宴席など大切な人とのひと時を、贅沢な個室にてゆったりと過ごせる。60名収容の個室もあるので、忘・新年会や歓送迎会、クラス会などにもぴったり。

熟練の職人が伝統の技と繊細な心配りとともに創りあげる会席料理も、期待を裏切らない。四季折々の旬の素材がふんだんに織り込まれた「四季会席」は7,000円(税/サ別)から。

冬場は、ふぐのコースが人気だ。「黒毛和牛会席」は、口の中でとろけるA5ランクの黒毛和牛と本格日本料理が一度に味わえると評判。このほか豊富な宴会プランが用意されているので、目的に合わせて利用したい。


◎ここさえ押さえれば外さない!POINT

もう一つのご馳走は、51階・地上200mからの眺望だ。煌めく東京の夜景を眺めながら堪能する旬の美味しさ、誰もがきっと満足すを変える景色もまた素敵だ。四季の味わいと絶景、極上の時間を大切な人と共に。

広々としたロビーから、それぞれの個室へ。山や川、自然をイメージした壁や間接照明、心落ち着く美空間

数寄屋門の前に配された水盤のゆらめく水に光があたって美しい

銀座のプライベート空間で味わう山陰の海山の幸『銀座四季庵』

日比谷

中央通り銀座7丁目、ビル最上階にある『銀座四季庵』。東京タワーや眼下に広がる夜景を満喫できるプライベート空間で山陰の味覚が味わえる。日本有数の漁獲量を誇る鳥取県境港から空輸される旬の鮮魚や大山どりなど、四季折々の山陰の海の幸、山の幸を贅沢に使った会席料理が提供される。

代表の松谷勇也氏は子どもの頃から親しんできた境港の鮮魚のおいしさを東京の人にも味わって欲しいと山陰7店に続き銀座に店を構えた。季節の会席料理は12,500円から。

料理を彩る器は、松谷氏自ら窯元を訪ね、数千点の中から厳選した有田焼の名品。

1/4ページ

最終更新:10/13(木) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。