ここから本文です

男たちは、三度選ぶ:振れ幅大きいレストランチョイスで、女心を鷲掴みしろ!

東京カレンダー 10/13(木) 5:20配信

世間一般的には、三度のデートが男女が深い仲になるための試金石とされている。

三度のデートとは、すなわち2人で三度レストランに行くこと。

【この記事の全ての写真】

一度目はお互いを知るために、二度目はもう一歩踏み込んだ関係になるために。そして三度目のデートで恋人になるか否か。

その判断材料として非常に大きな役割を担うのが、店選びのセンス。そう、男たちは意中の相手を落とすには、三度、店を選ばなけれならない。

男たちのレストラン選びに隠されたロジックと、そのデートを通した感じた女性の感想とは?

<今週の“三度選ぶ”男>

名前:圭介
年齢:36歳
職業:医療系コンサルタント
圭介談:「華やかな雰囲気で、少しミーハーなさおり。彼女に合わせて、今回は女性が喜んでくれるレストランを中心に選びました」

<今週のデート相手>

名前:さおり
年齢:28歳
職業:外資系美容会社
住所:三軒茶屋

初回:ハズレなしの大定番『クチーナ・ヒラタ』で手堅く攻める

「初回は絶対に外さない、誰もが知っている大定番で攻めます」

まだ相手のことをそこまでよく知らないうちは、何を食べても美味しいことが明確な、定番のお店を選ぶそうだ。今回、圭介が選んだのは麻布十番にある『クチーナ・ヒラタ』。

「1回目のデートで、行ったことのない店を選ぶことはないですね...ここで間違えると、次には続かない。性格にもよると思いますが、結構手堅く行く派なので100%確実なレストランだと安心です」

一度連れて行って喜ばれた店はリピートし、成功レストランとしてリストに入れておくそうだ。『クチーナ・ヒラタ』は過去に連れて行った女性で喜ばなかった人はいないので、さおりも好きだと確信していた。

また、食の好き嫌いをそこまで詳しく知らないうちはイタリアンがベストと語る圭介。その心は?

「意外に多いのが、“甲殻類・貝類苦手女子”と“白米食べない女子”。和食はコース系のお店によく行くのですが、食材変更を求め過ぎるとお店の人にも失礼になるので、チョイスが多くて苦手食材を避けやすいイタリアンがベター」

冒険をせず、まずは定番で攻める。そして麻布十番という場所柄、気軽に二軒目にも誘える。

圭介の思惑通りワインで良い感じになった二人は、二軒目は近くのカジュアルなバーへ行き、次回会う日程もきちんと決めてから別れた。

1/3ページ

最終更新:10/13(木) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革