ここから本文です

F-35にステルス無人機…軍事戦略を覆す最新兵器の狙い

nikkei BPnet 10/13(木) 10:04配信

 2016年9月23日、米国テキサス州フォートワース空軍基地において、日本の航空自衛隊向けステルス攻撃機F-35Aの受領式典が行われた。1機約150億円とも言われる高額アセットを42機も購入する計画には様々な意見がある一方、この飛行機は、現代の軍事兵器の中で、間違いなく最大のゲーム・チェンジャーとなる。単にレーダーに映らないだけでなく、これまで経験したことのないテクノロジーを活用し、既成概念を打ち破る戦い方が編み出される可能性さえある。

 斬新で、敵を圧倒するコンセプトは、それまでの戦い方を塗り替え、旧コンセプトとの相乗効果も生み出しながら、革新的な戦略環境を創り出す。世界の“脅し合うリーダーたち”は、そのような既成の戦略を覆す最新兵器の開発や調達に余念がない。今回は、米国を中心とする最新兵器の動向や作戦コンセプトを紹介し、世界の軍事戦略にどのような転換が起きつつあるのか、その一端に触れてみたい。

「見えないステルス機」の驚異的な価値

 「ステルス」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。ステルス攻撃機は相手方のレーダーに映らないため、敵からの妨害を受けることなく容易に相手領空へ侵入、自由なタイミングで目標を攻撃することが可能な兵器だ。敵は突然の攻撃に衝撃を受け、自分との戦力格差を痛感。これにより、早期に戦闘終結のチャンスが生まれる。F-35に“Lightning”(稲妻)のニックネームが付されている所以(ゆえん)だ。

 同じステルス性能を持つF-22“Raptor”(ワシ、ハヤブサなどの「猛禽類」)は、登場間もない2006年、米軍内での演習において、自らは一機の損害も受けることなく108機もの旧世代戦闘機を模擬撃墜、2008年には221機の模擬撃墜を記録し、関係者を驚愕させた。単純計算で戦力格差は約100倍以上に達し、もはや同じ飛行機と考えるべきではない。

 効果はそれだけではない。レーダーに映らない特性を生かして相手の地上目標近くで偵察したり、得られた情報を媒介する“センシング・アセット”としての有用性が非常に高い。9月12日、米海軍はF-35による模擬弾道ミサイルの追尾実験に成功。さらに開発が進めば、イージス艦のレーダーでは捉えることができない、水平線の向こう側から打ち上げられた弾道ミサイルを探知し、イージス艦に情報を伝送してミサイルの迎撃を支援することが可能となる。

 航空自衛隊がF-35Aを受領した2日後の9月25日、中国は、戦闘機と爆撃機などから成る8機編隊を沖縄本島と宮古島の間に飛行させ、沖縄方面全域での作戦遂行能力を誇示。10月1日には、開発中の中国製ステルス戦闘機J-20の最新画像が公開されたと中央日報が画像付きで報道。日本との間に圧倒的な戦力格差が存在しつつあることに警戒している、と見れなくもない。

 F-35をはじめとするステルス機を開発・維持するには、高度な技術が必要となるため、保有できる国が限定される。しかも、持った方が圧倒的に有利となる上、既存の戦力との新しいシナジー効果も生み出す。かつて核兵器が初めて登場した時のように、新たな戦略を形作る可能性のある恐るべき存在となるだろう。現在、中国のほか、ロシア、日本も独自に開発中であり、実用化に向けて日進月歩の激しい競争が繰り広げられている。

1/3ページ

最終更新:10/13(木) 10:04

nikkei BPnet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

nikkei BPnet

日経BP社

日経BP社が運営するプロフェッショナルのためのビジネスキュレーションサイト。仕事に役立つ先端情報に最速でアクセス。