ここから本文です

「野球」に例えて物事を伝えるオヤジ世代に見る“会話の距離感”

nikkei BPnet 10/13(木) 10:07配信

「不肖・宮嶋」、宮嶋茂樹さんの写真展へ行ってきた

 六本木の東京ミッドタウンで開催中の「不肖・宮嶋」こと、写真家の宮嶋茂樹さんの「不肖・宮嶋写真展『70年』 (Shigeki Miyajima 70th anniversary)」に行ってきた。第二次世界大戦から70年たった今の、フランス、ロシアなどヨーロッパ、日本を含む中国、台湾など、世界各地の人々の微細な表情から、それぞれの“先の大戦の意味”が、写真と対話しているうち、じんわり伝わってくる。

 優れた作品は、そんなコミュニケーションのチャンスを与えてくれる。

 宮嶋さんと最初にお目にかかったのは、もう随分昔。「プレステージ」という深夜の討論番組でのことだった。若き前途有望な日本の報道カメラマンたちが集結。「20世紀を代表する戦場カメラマン、ロバートキャパを語ろう」というマニアックなテーマで激論が戦わされた。そのメンバーの一人が宮嶋さんだった。

 キャパとは、どんな人物なのか?

 第二次世界大戦の戦場を舞台に活躍。その後「北ベトナム」での取材中地雷で命を落とした以外の私は知識を持ち合わせていなかった。報道カメラマンについてこれほど無知な私が、どうにか進行できたのも宮嶋さんのおかげだった。

 論客たちの会話は、熱を帯びれば帯びるほど、深く、難解な方向に流れがちだ。もののわかった視聴者には、それこそがたまらなく面白いというのに教養ゼロの私の顔には「?マーク」が誰の目にもはっきりと点灯してしまった。

 そんな場面をいち早く察知した宮嶋さんは「気さくな調子の関西弁」で、「不肖・宮嶋の解説ですからあまり当てにせんでほしいんですが……」と、折々にさりげなくフォローしてくださった。「絶妙の通訳」は視聴者にも好評だった。そのおかげで、「難しいテーマ」にもかかわらず視聴率は思いの外高かった。

映画で福山雅治さんと競演

 その宮嶋さんが、六本木の会場でお客様一人ひとりに声をかけていた。そして目が合った!

 「あー、梶原さん!」

 ものすごい、久しぶりの対面だったにもかかわらず、ごく自然に、昨日の続きのような会話が弾み、話し込んでいるところへ花屋さんが立派な祝い花を運んできた。

 名札を見ると……「福山雅治」?

 現在公開中の映画「scoop!」で、宮嶋さんは福山雅治さんと「共演」していたのだ。写真週刊誌を舞台に、手段を選ばずスキャンダルを暴き立て、スクープを撮るまくる中年パパラッチ役の福山さん。その演技に、「さらなるリアル感を追求するため協力してほしい」と大根仁監督から白羽の矢が立ったのが不肖・宮嶋さんだ。

 監督は「拘置所の麻原彰晃の撮影」「絶対無理だと言われた金正日撮影」など、数々の実績を持ち、つい最近も「イクメン議員の不倫スクープ」でも貢献した「scoop王」宮嶋を高く評価していた。

 「監督には私からお願いしました。協力は惜しみません。その代わり1秒でもいいからスクリーンに自分を出してくださいと。あの天下の福山雅治と一緒に映画に出たとなれば履歴書に書いて自慢できるでしょう?」

 宮嶋さんのこの言葉で、俄然、映画「scoop」に興味が湧いた私は、その足で六本木ヒルズの映画館で上映中の作品を観ることにした。

1/3ページ

最終更新:10/13(木) 10:07

nikkei BPnet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

nikkei BPnet

日経BP社

日経BP社が運営するプロフェッショナルのためのビジネスキュレーションサイト。仕事に役立つ先端情報に最速でアクセス。