ここから本文です

前田敦子“口パク”で花魁を熱演! 「これまで体験したことのない撮影」

エンタメOVO 10/14(金) 14:33配信

 「超入門!落語THE MOVIE」取材会が14日、東京都内で行われ、番組案内人を務める濱田岳、ドラマパートに出演した前田敦子、鈴木福、番組内で落語を担当する林家たい平が出席した。

 落語に完璧な「アテブリ芝居」をかぶせてみたら…という考えのもと、本来“想像”で楽しむ落語を、あえて映像化。噺家の語りに合わせて再現役者の口が動く、いわゆる「リップシンク(口パク)」に徹底的にこだわり、ドラマ仕立てで落語内の世界観を表現する。

 初回放送で古今亭菊之丞が語る「お見立て」で、花魁の喜瀬川を演じた前田は「これまで体験したことのない撮影だったのですごく大変だった」と現場での苦労を吐露。

 当初は「落語家の皆さんの声だけで完璧に出来上がっている世界観なので、これを(自分は)どうしたらいいのかなという素朴な疑問があった」と戸惑いもあったようだが、「すごくいい体験をさせてもらったと思う」と笑顔を見せた。

 撮影に当たっては「毎日何十回と(落語を)聞きながら、いろんな所で口パクして練習した」という前田。撮影現場では実際の落語が流れている中での芝居となったが、「たくさん聴いているうちに、(落語の)リズムが心地良くて、何となく覚えることができた」と明かし、完全な“口パク”演技だったのかを尋ねられると「ちっちゃい声でしゃべりながらやっていた」と明かした。

 前田の映像を見たたい平も「僕も『お見立て』をやっていますが、そうか、花魁はこういう表情をするのかと、改めて役者さんの演技から感じるところもあって、すごく楽しかった」と褒めた。「もう(覚えちゃったから)一席できるよね」とほほ笑みかけると、前田も「(声を)合わせながらだったら」と応じた。

 改めて落語の魅力を問われた前田は「声だけで七変化して、いくらでも表現ってあるんだなと思った」と答えた。今回の演目一つを取っても「仕事的にも、娯楽としてすごく楽しませてもらえるものなんだなと知った」といい「落語にハマっている同世代の友達がいるので、その友達にいろんな落語家さんを紹介してもらいたい」と語った。

 番組は、NHK総合で19日午後10時50分から毎週水曜日に放送。

最終更新:10/14(金) 14:56

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。