ここから本文です

三代目JSB山下健二郎「交際0日婚は考えられない」 市原隼人のむちゃ振りで“胸キュン”シーンも披露

エンタメOVO 10/14(金) 15:52配信

 Amazonオリジナル「福家堂本舗―KYOTO LOVE STORY―」の完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の早見あかり、市原隼人、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)ほかが出席した。

 本作は、京都で450年続く老舗和菓子屋「福家堂本舗」を舞台に、美人三姉妹×三人の着物男子が織りなす「運命の恋」を描く“胸キュン”ラブストーリーで、Amazonプライム・ビデオで配信される。この日、早見らは和服姿で登場した。

 自由奔放な次女あられを演じた早見は「あられちゃんはよく言えば天真らんまんで、悪く言えばがさつな女の子。でも素の早見あかりがそのような女の子なので演じやすかったです。(出演者は)みんな仲が良くて楽しかったです」と話した。

 佐々木希が演じる長女・雛と“交際0日婚”をする桧山役の山下は「ミステリアスで謎めいてる役をやらせてもらって、普段の僕とは真逆な感じで、難しかったです。交際0日婚は、ちょっと自分では考えられないですけど、桧山ならではの発想だったり、いろんな気持ちを抱えていて、回を重ねることに本来の自分の気持ちをぶつける瞬間が来るので、そういうシーンを見てほしいです」とアピールした。

 また、市原は早見の頭をポンポンと軽くたたく“胸キュンシーン”を「再現して」とリクエストされると、「健ちゃん(山下)がポンポンしてくれるんだったら、俺もします」と山下にむちゃ振り。山下は「打ち合わせとちゃうやんけ」と嘆きながらも、市原と共に“頭ポンポンシーン”を披露し、会場を盛り上げた。

最終更新:10/14(金) 15:52

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。