ここから本文です

史上最大のスヌーピー展 「もういちど、はじめましてスヌーピー。」

オーヴォ 10/14(金) 12:01配信

 スヌーピーは、世界一有名なビーグル犬だろう。今年4月にオープンした「スヌーピーミュージアム」(東京都港区)は、第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」を開催している。今回の展覧会では、作者のチャールズ・M・シュルツ氏がスヌーピーを思い付いた誕生秘話を紹介すると同時に、日本初公開となるスケッチやアニメーションのセル画、そしてヴィンテージグッズ約100点などが楽しめる。見どころは、なんといっても“スヌーピーがたくさん!”。1,000ものスヌーピーがみんなの来場を待っている~。

 スヌーピーミュージアムは、2018年9月までの開館期間中、半年ごとに異なるテーマの展覧会を実施する。また、『ピーナッツ』の作品と縁が深いハロウィーン(10月)、クリスマス(11~12月)とバレンタイン(2017年1~2月)には、期間限定のディスプレイやグッズの販売などを行う。

第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」
東京都港区六本木5-6-20
会期:2016年10月8日(土)~2017年4月9日(日)
休館日:会期中無休、ただし年末年始(2016年12月31日~2017年1月2日)は休館
開館時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)
最寄駅:東京メトロ六本木駅より徒歩7分、麻布十番駅より徒歩10分

最終更新:10/14(金) 12:01

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。